工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今年も後1ヶ月、師走が始まりました。1年経つのは誠に早いものですね。小生が若かりし頃は、12月と言えば街中が混沌とした空気で包まれ、勢いそのもので新年を迎えましたし。その代り、明けて数日はのんびりしました。特に元日の朝は静かだった事を記憶しています。現在の日本は明かりの消えない国になりましたので、正月と言って心からのんびりする訳でもありませんが、これも良しとしましょう。時代は変わって当然ですが、年寄りが酒を飲み過ぎますと昔話をしたがりますが、時には良い事も言いますので、聞き耳を!


生物模型 タナゴB 生物模型 タナゴA
左がタナゴです。右は、ゼニタナゴです

生物模型 サクラエビ 生物模型 イシエビ
左がサクラエビです。右は、イシエビです。

生物模型 カツオノエボシB 生物模型 ヒョウモンダコ 
左がカツオノエボシです。右は、ヒョウモンダコです。  

生物模型 アメフラシB 生物模型 アメフラシ卵塊
左がアメフラシです。右は、アメフラシの卵塊です。

生物模型 カエル3態 生物模型 アオナマコ表面
ウシガエル、ヤマアカガエル、アマガエル、ハコネサンショウウオです。右はマナマコです。

生物模型 センジュナマコ 生物模型 ダイオウイカクレイモデルA
左が深海生物の、センジュナマコです。右は、ダイオウイカの縮小版用のクレイモデルです。

イモガイレプリカ普通走行時 イモガイレプリカ狩猟時
左右どちらも、イモガイのレプリカです。普通走行時と狩猟時の形です。  

d ダイオウイカレプリカ
7月9日より、千葉県立中央博物館で展示中のダイオウイカのレプリカです。国立科学博物館に納入しました外套長160cmのダイオウイカのレプリカと比較しますと、少し小さくなりまして、外套長が120cmの大きさです。9月19日までの企画展です。お近くにお寄りの際には、是非、ご覧下さい。終了致しました

ダイオウイカレプリカ ダイオウイカレプリカ
触腕の長さ、約5mあります。

ダイオウイカレプリカ タカアシガニ剥製
カラストンビです。右は、タカアシガニの剝製を、強度補強、欠損複製後、彩色しました。

ふなばし三番瀬環境学習館・企画展・魚類レプリカ
20年程前に製作致しましたレプリカ、ふなばし三番瀬環境学習館・企画展で、懐かしの再開です。

左の画像がメンダコ♂のレプリカです。下の画像が裏面です。右の画像がメンダコ♀のレプリカです。下の画像は裏面です
メンダコ♂表面  メンダコ♀表面

メンダコ♂裏面  メンダコ♀裏面
 
左の画像がオオメンダコのレプリカです。右の画像がセンベイダコのレプリカです。
オオメンダコ♀表面  センベイダコ♀表面

センジュナマコに少し手を入れました。
センジュナマコ表面 センジュナマコ裏面

久々にユノハナガニを製作しました。
ユノハナガニ表面 ユノハナガニ裏面
 
クロマグロの頭部のレプリカです。右の画像は、内部を表現してみました。
鮪頭部右面  鮪頭部内臓
 
クロマグロの尾ひれです。
鮪尾ひれ  鮪尾ひれ

埼玉県立川の博物館の特別展、「カモ・鴨~見・知・獲・食~」に展示中です。来年1月6日までの展示になります。
鴨営巣托卵中
上の画像が鴨の営巣です。下の画像が分解画像です。 
鴨営巣 鴨卵