工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から11月霜月が始まります。今年も早いもので後2ヶ月になりました。今年は新型コロナウイルスの話から始まり、最後も新型コロナウイルスの話で終わりそうな雰囲気です。医学の進歩を考えますと新型コロナウイルスにこれほど迄に手こずるとは誰もが思っていなかったと思いますし、なめていた事も確かでしょう。いつ終結宣言が出されるか今の所見当が付かず、大分予定の狂った方もお出ででしょうが下を向いていては先に進みません。残り少なくなりました今年ですが来年の為に頑張りましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年11月12日、先の震災から9年8ヶ月と1日経ちました。。

2020年11月12日、先の震災から9年8ヶ月と1日経ちました。。

2020年11月12日、先の震災から9年8ヶ月と1日経ちました。。

昨日、女川原子力発電所の再稼働に関する話し合いがありました。不備が無ければ2023年には発電を開始するそうです。今回の新型コロナウイルスによる経済悪化が無ければ多くの人が反対したと思いますが現在の現状を考えれば、地元首長に言葉を大にして反対する事が小生には出来ません。小生の様に飲食に係わる仕事をしている者にとって多くの知り合いが職を離れ、中には音信不通になった者もいます。新しいウイルスの出現に人類の英知を持って来ても終息とはならず、第2第3の新型コロナウイルスが現れる事は時間の問題であり、その対応にこれからの世の中の構造も変わらざるを得ないと思います。残念ながら街の食べ物屋さんの多くが姿を消し、今迄飲食に従事していた人々は職替えをする事になると思います。その他にも多くの人が仕事を変える事になるでしょう。テレワークの取り入れで僅かながら地方移住が始まりましたが子供が成長し、都会の大学に進学となれば学費と下宿代の捻出に苦労します。実際、小生の子供達は我が家から通いましたが、地方から出て来た学生の親の気持ちを考えると心が痛みます。原子力を制するには多くの人の英知が必要です。それには先行投資として優秀な学生ばかりでは無く、ユニークな考えの学生にも先行投資をお願いしたいものです。世の中化石燃料に対する圧力が高まる中、多くの発電方式が発明されましたが今後はいかに蓄電し、効率良く提供できるスマートグリッドの世の中になる事は明白です。それにはもう少し原子力にも目を向け、新しい原子力発電の世界が開ければ嬉しく思いますが、皆さんはどう思いますか?

2020-11-12 15:07:35

店長日記