工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から11月霜月が始まります。今年も早いもので後2ヶ月になりました。今年は新型コロナウイルスの話から始まり、最後も新型コロナウイルスの話で終わりそうな雰囲気です。医学の進歩を考えますと新型コロナウイルスにこれほど迄に手こずるとは誰もが思っていなかったと思いますし、なめていた事も確かでしょう。いつ終結宣言が出されるか今の所見当が付かず、大分予定の狂った方もお出ででしょうが下を向いていては先に進みません。残り少なくなりました今年ですが来年の為に頑張りましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年10月22日、きのこ鍋の美味しい時期になりました。

2020年10月22日、きのこ鍋の美味しい時期になりました。

2020年10月22日、きのこ鍋の美味しい時期になりました。

10月も20日が過ぎ、秋の盛りなのか冬の入り口に入ったのか日毎の天気予報に目が行ってしまいます。昨年の今頃はかなり早い忘年会をした記憶がありますが、今年は小生のメールに忘年会の連絡は皆無です。老化なのか毎年酒を飲んでの帰宅が辛くなっていましたので、少しは体が楽になるのかと思いますが、これがいざ皆無となると、それも寂しさを感じる自分がいます。毎年伺っていた店はこのコロナ禍の中で無時営業しているのか心配になりますし、仕事柄、今回の新型コロナウイルスの影響をもろに被っている飲食業に携わる一員としては、早く新型コロナウイルスが収まり、大きな声で笑う大将の顔が見たいのが本音です。来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、来年どころかここ数年はダメな気がしてなりません。今はじっと我慢の時と思い、小生は物造りに励んでいます。物造りを生業にしている者にとっては腕を磨く良いチャンスと考え、今迄の製造過程を見直し、新しい製作方法にチャレンジする位のポジティブシンキングを持つ事も大事と思います。小生も大分歳を取りましたが今もってクライアントを良い意味で驚かしてやろうと言う気概を無くさない様に気を付けています。今は11月に始まる企画展の仕事に時間との勝負の日々ですが、企画展が始まり、小生の製作したレプリカを見て、目を華輝かせて見てくれる子供の顔を楽しみに頑張っています。

2020-10-22 06:30:22

店長日記