工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から11月霜月が始まります。今年も早いもので後2ヶ月になりました。今年は新型コロナウイルスの話から始まり、最後も新型コロナウイルスの話で終わりそうな雰囲気です。医学の進歩を考えますと新型コロナウイルスにこれほど迄に手こずるとは誰もが思っていなかったと思いますし、なめていた事も確かでしょう。いつ終結宣言が出されるか今の所見当が付かず、大分予定の狂った方もお出ででしょうが下を向いていては先に進みません。残り少なくなりました今年ですが来年の為に頑張りましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年10月11日、先の震災から9年と7ヶ月経ちました。

2020年10月11日、先の震災から9年と7ヶ月経ちました。

2020年10月11日、先の震災から9年と7ヶ月経ちました。

先の震災から早いもので来年には10年経ちますが、この頃は新型コロナウイルスの影響か話題を聞かなくなりました。その中で先日核のゴミ処理問題が話題になりました。使用済み核燃料の埋め立て地に手を上げられた自治体が出て来た事に驚き、その事に霞が関も永田町も反応が薄い事に小生は少し残念な気持ちでいます。何処の国でも具合の悪い事はひっそり事を治めようとしますし、手柄を立てた時はこの時とばかりに声が大きくなります。現在のアメリカの大統領選挙はまさにその状態を表していると思います。世界中が新型コロナウイルスで四苦八苦している時に今日のニュースでは、どさくさに紛れて中国が尖閣列島近辺に船を侵入させたとの報道があり、今回の発症元としての懺悔の気持ちが疑われますが、何時もの様に報道官の答えは正当化で終わるでしょう。アメリカも中国もそうですが、ご免なさいと言う言葉を忘れてしまったかと思います。せめて日本ぐらいは素直な気持ちで失敗を認める国になる事を願います。首相が替わった事で経済が好転する訳ではありませんし、新型コロナウイルスの感染が無くなる事もありません。多くの人々が日々の暮らしを粛々と暮らし、人に迷惑を掛けない事を心掛けて生きています。今はパフォーマンスをする必要はありません事を永田町の皆さんにお伝えしておきます。

2020-10-11 17:42:46

店長日記