工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から11月霜月が始まります。今年も早いもので後2ヶ月になりました。今年は新型コロナウイルスの話から始まり、最後も新型コロナウイルスの話で終わりそうな雰囲気です。医学の進歩を考えますと新型コロナウイルスにこれほど迄に手こずるとは誰もが思っていなかったと思いますし、なめていた事も確かでしょう。いつ終結宣言が出されるか今の所見当が付かず、大分予定の狂った方もお出ででしょうが下を向いていては先に進みません。残り少なくなりました今年ですが来年の為に頑張りましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年9月21日、4連休いかがお過ごしですか?

2020年9月21日、4連休いかがお過ごしですか?

2020年9月21日、4連休いかがお過ごしですか?

4連休ですね。各地の観光地では久々に賑わいを感じ、永田町と霞ヶ関の皆様にはしてやったりの感で一杯でしょうが、2週間後に発表される感染者の人数に一喜一憂されるのではないでしょうか?と言いたい所ですが小生の臍は大いに曲がっていますので少しばかり違う考えでいます。小生の考えでは自然の摂理として規制緩和をすれば自ずと感染者は増えますが今回の新型コロナウイルスの特徴として感染しても症状の現れない保菌者の率が意外と高い報告が出ていますので自然治癒力の力を借りて国民総免疫者を目指しているのではないでしょうか。多くの学者がワクチンの安全性に疑問を呈しています。中にはワクチンの製造に係わる人間の口から自分は使いたくないと言う話も聞きます。サーズ、マーズ、そして今回の新型コロナウイルスと短いスパンで人間の生命に係わるウイルスが発生しています。この様な新型ウイルスがもっと短いスパンで起きる時代になれば今回の様な大盤振る舞いが可能かどうか考えれば、それは×です。感染基準が体温で判断されますが小生の偽らざる気持ちとして体調が悪い時に熱は無いのですが体がだるく、もしかしてと思う気持ちを持たれた方も少なからずいると思います。医療従事者は勿論の事、人に接するサービス業の方も不安な気持ちで過ごされていると思いますが市井の暮らしを続ける我々も実は同じ気持ちでいる事を永田町と霞ヶ関の皆さんもお感じ頂き、上から目線では無く、時には目線を下げて見る事をお勧め致します。

2020-09-21 17:15:37

店長日記