工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から9月長月の始まりです。今月は新しい首相の誕生になり、コロナ対策やそコロナ後の経済、そしてオリンピックと難問山積みです。全て上手く行く事は無いのですから一つ一つ丁寧に対処して下さい。第2次安倍政権の前の様にくるくる首相が替わる姿は我が国だけでなく海外にも良く見えません。今は新首相が最初にどの国のトップに電話を掛けるか私は気に掛けています。その事でこの国のスタンスが分かると思っています。今月は台風の襲来が多いと聞きました。天災に向けて準備は怠りなく。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年8月31日、勢力の強い台風が沖縄に近付き、心配です。

2020年8月31日、勢力の強い台風が沖縄に近付き、心配です。

2020年8月31日、勢力の強い台風が沖縄に近付き、心配です。

風速70mと聞き、昨年関東を直撃した台風の風速は確か最大風速が40mと記憶していますがその時に出窓のガラスに風に当たり、ガラスがたわむ姿を記憶している小生は、もし関東に風速70mが吹き荒れれば間違いなく出窓のガラスは風速に耐えられずに割れるでしょう。最近の地球は何に怒っているのでしょうか?地球はやはり人間に怒り、自然の破壊の代償に人間にしっぺ返しをしている様に見えてしまいます。小生の仕事に博物館の展示物の製作がありますが、博物館の企画に環境破壊の啓示を取り上げた企画が近年多く見られます。分解しない化学物質を食べた生物はその物質を体内に留め、食物連鎖でその生物を食べた生物が更に食物連鎖を繰り返し、生物の頂点にいるわれわれ人間が最後にマイクロチップスを器用に体内に蓄えた生き物を食べていると思うと恐ろしい事ですがこれが現実です。おそらく小生の体の中にもどれ位かは分かりませんが探せば化学物質の破片の一つや二つは残っていると思います。新型コロナウイルスの蔓延は何を意味するのかは分かりませんが第2第3の新型コロナウイルスの発生が無いとは今では誰も思わないでしょう。それぐらい未知の恐怖はすぐそこに存在する事を自覚した今年です。今までの生活がコロナ後と言う言葉で生活様式が代わり、運命共同体と言う新しい地球にならなければなりませ。それなのに今もって自国の領土拡大を目指す国があり、言論の自由も無い国があると言う事に日本に産まれた幸せを感じる自分がいます。それでも不満は多くあり、それが人間なのでしょう。近々に新しい首相が誕生します。先ずはお手並み拝見と致します。

2020-08-31 20:05:57

店長日記