工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から8月葉月の始まりです。8月と言えば学生にとって夏休みの代名詞ですが、今年の夏休みは新型コロナウイルスの影響ですっかり様変わりしてしまいました。期間も短く、外出も儘ならず、学生にとってはフラストレーションの貯まる年になっている事でしょう。実は社会人にとっても短い期間ですが今月の旧盆の時期は多くの会社が夏休みを取り、親に会いに帰省する人が多くいましたが今年は取り止めた人が多くいるそうです。親の方から今年は帰って来るなと言われたと聞きます。親としては子供の顔は見たいし、孫の顔はもっと見たいのが私の本心ですし、どの親も同じ考えと思いますが、人に迷惑を掛ける心配が優先しての言葉と思いますので終息後の時を心待ちにしましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年5月31日、何か世界が変わった気がします。

2020年5月31日、何か世界が変わった気がします。

2020年5月31日、何か世界が変わった気がします。

今回の新型コロナウイルスによって世界がざわついています。構図として、かつての大戦の様に責任論の擦り付け合いが聞こえ、時にはそこまで言うかと思える言葉も聞こえます。小生が思うに、賢い国と言うか狡賢い国と言うか、事の始まりの国であれば、暫くは頭を下げている方が良いと思うのですが、どうもその様な空気は感じず、被害を受けている感染国にとっては面白く無いのも分かりますし、今回の新型コロナウイルスによって各国のあり方の違いが鮮明になり、小生が思うに我が国のあり方に二重丸は付けませんが、、他国と比べて運が良いのか分かりませんが概ね今回の新型コロナウイルスの初期段階としては上手く行ったのではないでしょうか。次はこれからの日本です。経済は誠に暗い空気です。人生設計が狂った人も多いと思います。真水をもっとばらまけと言う経済学者が多くいますが、今の所はそれ位しか手が無いのも実情でしょう。どこの会社が会社更生法を適用したという紙面を見るのは辛い事です。小生の知り合いがいない事に安堵する自分が嫌になりますが、これも現実です。暫くは生活の形態も以前とは大分変わりますが、今は我慢の時です。時間の経過と共に新型コロナウイルスに対するワクチンも出来て来るでしょう。今はそれを待ちましょう。

2020-05-31 22:18:30

店長日記