工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から8月葉月の始まりです。8月と言えば学生にとって夏休みの代名詞ですが、今年の夏休みは新型コロナウイルスの影響ですっかり様変わりしてしまいました。期間も短く、外出も儘ならず、学生にとってはフラストレーションの貯まる年になっている事でしょう。実は社会人にとっても短い期間ですが今月の旧盆の時期は多くの会社が夏休みを取り、親に会いに帰省する人が多くいましたが今年は取り止めた人が多くいるそうです。親の方から今年は帰って来るなと言われたと聞きます。親としては子供の顔は見たいし、孫の顔はもっと見たいのが私の本心ですし、どの親も同じ考えと思いますが、人に迷惑を掛ける心配が優先しての言葉と思いますので終息後の時を心待ちにしましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年4月11日、先の震災から9年と1ヶ月経ちました。

2020年4月11日、先の震災から9年と1ヶ月経ちました。

2020年4月11日、先の震災から9年と1ヶ月経ちました。

今回の新型コロナウイルスで大変な時に不謹慎かもしれませんが、今日は11日ですので原子力発電について書きます。原子力発電所の所有者は各電力会社ですが、実態は国であり経産省だと思っています。当時における原子力による発電は夢の発電であり、これで日本の発電事業はバラ色と言われました。実際フランスと日本は原子力発電で一歩先を行く存在だったと思います。ところが9年前の出来事で様子が一変しました。その前から廃棄燃料の処理や保管に問題定義がありましたが、2011年3月11日に問題は起きてしまいました。その後も推進派と反対派の論争は続きますが、一般人はどちらの意見も納得するまでの理解を得られていないのが現実と思います。廃炉はマンパワーの力が無ければ進まず、それが今回の新型コロナウイルスで廃炉へのロードマップも狂って来るでしょう。現在、各所にある原発の前面には巨大な防潮堤が建設され、又建設中でもあります。実はその原発稼働しているのでしょうか?皆さんも時には各電力会社のホームページをご覧になって下さい。小生には電力会社を責める気持ちはありませんが、現実だけは正直に知りたいだけです。今回の新型コロナウイルスの対応についても真実とは何かが分かれば日本人は誠実な民族と思っていますので、国民を思って真実を隠したという言葉は聞きたくありません。只それだけです。

2020-04-11 17:45:38

店長日記