工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から8月葉月の始まりです。8月と言えば学生にとって夏休みの代名詞ですが、今年の夏休みは新型コロナウイルスの影響ですっかり様変わりしてしまいました。期間も短く、外出も儘ならず、学生にとってはフラストレーションの貯まる年になっている事でしょう。実は社会人にとっても短い期間ですが今月の旧盆の時期は多くの会社が夏休みを取り、親に会いに帰省する人が多くいましたが今年は取り止めた人が多くいるそうです。親の方から今年は帰って来るなと言われたと聞きます。親としては子供の顔は見たいし、孫の顔はもっと見たいのが私の本心ですし、どの親も同じ考えと思いますが、人に迷惑を掛ける心配が優先しての言葉と思いますので終息後の時を心待ちにしましょう。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年3月31日、この先が心配です。

2020年3月31日、この先が心配です。

2020年3月31日、この先が心配です。

先日志村けんさんが亡くなりました。つい先日もテレビで拝見していた事を思うと、今回の新型コロナウイルスの怖さを痛感致しました。小生の義父と実母が老人ホームにお世話になっていますが新型コロナウイルスの蔓延と同時に面会が出来なくなりました。今思いますと誠に懸命な策と思います。毎度思うのですが老人の世話は大変です。それも小生の子供より若い人が従事しています。聞く話では薄給だそうです。現在は医療従事者の疲弊を聞きますが、介護福祉の従事者も何かと気を使わなければならず、頭が下がります。時間の経過と共に名の知れた人にも感染があり、何処で感染したか分からない事の怖さをもう少し実感すべき時が来たのではないのでしょうか。何事も初めは一人からであり、自分一人位大丈夫が1番怖い事です。今回の新型コロナウイルスの影響で経済が疲弊する事は間違い無く、来年のオリンピックまでの終息に、小生は?を感じる一人です。小生は人間ですから人の好き嫌いは勿論あります。中身までは分かりませんがその立ち振る舞いに嫌いな政治家もいますし組長もいますが、不要不急の外出の禁止が出されましたので今は従いましょう。イタリアやニューヨークの様子は私達の僅かな気の緩みの姿かもしてませんよ。

2020-03-31 18:26:29

店長日記