工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■昨日から3月弥生が始まりました。3月と言えば9年前の11日に東日本は大きな被害を受けましたが、今は新型コロナウイルスに日本全国が被害を受けています。学生にとって卒業式は一つの区切りであり、入学式、入社式で気持ちを新たにするステップの準備期間の始まりでもあるのですが自粛自粛で卒業式もうやむやで終わると思うと心痛みます。それでも時間は時を刻んでいきます。良い思い出にはなりませんがそれに負けない気持ちで次のステップに向かってください。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年3月21日、オリンピックはどうなるのでしょうか

2020年3月21日、オリンピックはどうなるのでしょうか

2020年3月21日、オリンピックはどうなるのでしょうか

聖火は日本に届きましたが、予定通りオリンピックは開催されのでしょうか。日本は運よく感染の拡大が少ないのですが、テレビに映る海外の状態は大変です。特にイタリアの感染の拡大は驚きです。これがアフリカ、南米に拡散すれば間違いなくオリンピックは延期と思われます。IOCが決めた事にJOCは従わなければなりません。当初のバッハ会長の言葉もこの頃は違う発言に聞こえます。他国のオリンピック委員会からも延期の要請が出て来ました。延期が決まれば、7月の開催に合わせて各企業が必死に働いたと思うと心が痛みます。それに、海外からのお客様の受け入れの準備は昨年から始まっていました。今回の新型コロナウイルスで打撃を受け、更にオリンピックの延期となれば傾く企業も少なからず出るでしょう。この時こそ永田町の出番です。すべての企業を救う事は出来ないでしょうが、この国を支えて来たのは中小企業であり零細企業と言う事を事忘れないで下さい。宜しくお願い致します。

2020-03-21 21:17:51

店長日記