工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から7月文月の始まりです。未だ新型コロナウイルスの影響で今までの風景が一変しました。夏に向かって厳しい暑さの中マスクをして出かける事は誠に息苦しく、この先が心配です。私の仕事は展示物の製作ですので、夏の企画展に向かって只今ラストスパート中です。新型コロナウイルスの影響で中止になるかと心配しましたがどうにか開催されることが決まり、未だ拙い品物ですが心だけは一生懸命です。皆さんも心を込めて仕事をすれば何処かで評価をしてくれるものですよ。夏に向かって体力も落ちますがお体ご自愛下さい。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年3月11日、先の震災から9年経ちました。

2020年3月11日、先の震災から9年経ちました。

2020年3月11日、先の震災から9年経ちました。

9年前の今頃、小生は家内とホームセンターにいました。地震大国で育った小生ですから何時もの事と思っていましたがその日の地震の揺れは何時もと違い、揺れが長く続いていました。収まる気配の無い中、点検口の扉が大きな音を立てて開き、家内の不安そうな顔を今でも覚えています。小生の受けた教育では、地震は時間の経過と共に収まると習いましたがその日は何時もと違い、揺れが収まりません。これは何時もの地震と違うと思い、外に出ました。野外で地震の揺れを感じる事は少ないのですがその日は続け様に揺れを感じました。急いで自宅に戻りましたが、自宅方向からでサイレンの音が聞こえますと不安が増し、途中の信号機がすごい勢いで揺れている姿は不安を増大させました。有難い事に自宅も近所も大きな損傷も無く済みましたがテレビに映る津波の姿に唖然としました。それまでも日本全国大きな地震はありましたが人間の浅ましさで、体験が無いと何処となく他人事の様に思ってしまいます。小生が初めて経験した大きな地震でしたが、東北三県の被害状況を見ればその大きさが分かります。悪い事に原発のメルトダウンも起きてしまいました。あの日から9年経ったのかと思うと早かったのか遅かったのかの判断が今もって着きません。東京直下地震然り、東南海地震然り、何時来てもおかしくないと言われています。今は新型コロナウイルスの話題で一杯ですが、今日は9年前の今頃を思い出して地震に対する予防も考える日にしましょう。

2020-03-11 15:24:47

店長日記