工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から4月卯月の始まりと共に新年度の始まりです。今年は新型コロナウイルスの影響で入社式、入学式の予定が立ちませんが、今は我慢の時期と思って下さい。令和2年度と言う特別な年の出来事と言う事で忘れる事の出来ない年と考え、ポジティブシンキングに捉え、今年産まれたフレッシュマン諸君にエールを送ります。新型コロナウイルスに負けるな若者よ!
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年2月12日、来月で先の震災から9年ですね。

2020年2月12日、来月で先の震災から9年ですね。

2020年2月12日、来月で先の震災から9年ですね。

この頃はすっかり新型コロナウイルスの話題で一杯ですが、来月で先の震災から9年経ちます。早いと思うかそれともまだ9年かと思うかは人それぞれと思いますが、風評被害は未だ消えずにいます。それでも福島県の漁師さんの捕った魚が徐々にプロの料理人に使われる用になって来ました。福島県沖は真に豊穣な海です。魚種も豊富ですし、食べれば分かりますがこれが美味いのです。それでも福島県産と言う事だけで値が落ちる事は残念ですが、これが現実です。日本にあります原発の目の前は福島と同じ豊饒な海ばかりです。美味しい魚の宝庫です。第2の福島にしてはいけません。世界は今もって原子力の傘に頼りながら今もって根本的な原子力の制御も始末も出来ない状態です。新型コロナウイルスもそうですが放射能も見えない恐怖です。新型コロナウイルスは吸うと感染し発症する人が出ますが、放射能を浴びるとかなりの致死率になります。WHOには多くの日本人が従事していると聞いていますし、要職に就いているとも聞いています。原子力関係機関において唯一の被爆国である日本から発信する事がもう少しあっても良いと思う私ですが、皆様は如何お思いになりますか?

2020-02-12 11:47:28

店長日記