工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■昨日から3月弥生が始まりました。3月と言えば9年前の11日に東日本は大きな被害を受けましたが、今は新型コロナウイルスに日本全国が被害を受けています。学生にとって卒業式は一つの区切りであり、入学式、入社式で気持ちを新たにするステップの準備期間の始まりでもあるのですが自粛自粛で卒業式もうやむやで終わると思うと心痛みます。それでも時間は時を刻んでいきます。良い思い出にはなりませんがそれに負けない気持ちで次のステップに向かってください。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2020年1月31日、テレビを見ますと新型コロナウィルスの話題で一杯です。

2020年1月31日、テレビを見ますと新型コロナウィルスの話題で一杯です。

2020年1月31日、テレビを見ますと新型コロナウィルスの話題で一杯です。

テレビの番組欄の頭に新型コロナウィルス、新聞紙上でも新型コロナウィルスが1面を飾っています。小生が餓鬼の頃には今ほど情報が伝わらなかったと思いますし、それに移動手段も限られていましたので、地域の風土病で終息していたのかもしれません。人間は肉食動物ですから肉食動物を食べて生活している以上、動物個体の持っているウィルスを体に入れる事になります。特に野生動物は生きる為に必死ですからこれは上手い不味いなどと思って捕食していません。口に入る物は余程の事が無い限り食べるでしょう。同じ様に海洋生物は海水と共に捕食しますので海の塵を食べてしまいます。海鳥、鯨、海洋魚の胃の中には消化されずに残った化学物質が発見されるそうです。具合の悪い事にマイクロチップ状になって海水に混じっていれば海の生物にとって防ぎ様がありません。渡り鳥は山を越え海を渡って飛んできますが渡り鳥もウィルスを運んで来ます。渡り鳥に今年は来るなと言う馬鹿な発想も近い将来には考えなければならない時代が来るとも知れません。おそらくもぐら叩きと一緒で何処かで発生しては終息の繰り返しと思います。今はこれ以上蔓延しない事を祈り、永田町の皆さん、良かれと思う事は与野党喧嘩せず、迅速に法案を通して下さい。お願い致します。
 

2020-02-01 00:44:53

店長日記