工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から6月水無月の始まりです。新年号も1ヶ月経ちますと違和感も無く、平成は何処に行ってしまっのか不思議な気持ちになります。私のガキの頃ですと梅雨に入る前の今頃は爽やかな日が多く、新芽も咲き誇り、秋の入り口の10月初旬と同じくらい好きな時期でしたが、この頃は初夏を思わせる陽気に節気が心配になります。これから梅雨の季節が近くなり益々体調管理が大変になりますのでお体ご自愛下さい、油断大敵ですよ!
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年5月11日、先の震災から8年2ヶ月経ちました。

2019年5月11日、先の震災から8年2ヶ月経ちました。

2019年5月11日、先の震災から8年2ヶ月経ちました。

先の震災から8年2ヶ月経ち、昨日の新聞には、原発の排気塔の解体が始まったと書いてありました。日本の技術をもってすればもっと早く解体出来たと思うでしょうが、排気塔付近の線量は未だ高いそうです。その場に数時間いるだけで致死量に達すると書いてありました。新幹線の輸出のセールスポイントが安全性の高さです。地震大国日本で未だ大きな事故の無い新幹線の技術がありながら、原子力発電では味噌を付けてしまいました。今回の廃炉作業で大きな知恵と技術が産まれると思います。廃炉完了まで時間は係っても、それからの原子力開発で良いのではないでしょうか。もしかするともっと安全に、しかも安価にエネルギー革命が起こるとも限りません。新興住宅の売り込みの目玉にスマートグリッドの文字が時折見られます。確かに販売価格は相場より高くなりますが、ドローンでの空中撮影を見ると、太陽光パネルの張られた屋根の姿は壮観です。科学者の話では、太陽光パネルはもっと発電能力が上がり、しかも安価になると聞きましたし、蓄電システムの蓄電池の能力が格段に進歩しているそうです。これはハイブリッドカーの進歩のお陰だそうです。技術の進歩が仕事を変え始めています。近い将来多くの仕事が人間から離れ、消えるとも言われています。物作りの世界は3Dプリンターの出現で間違いなく変わるでしょう。今の所、人間の研ぎ澄まされた感性対コンピューター能力の戦いですが、人間の能力には限界がありますので、残念ながら近い将来には負けるでしょう。それでも人間の感性は凄いです。時にコンピューターも凌駕します。出て来い、あっと言わせる若者よ。

2019-05-11 12:29:55

店長日記