工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から5月皐月の始まりです。5月と言えば薫風香る皐月として世の中は人の波で賑わう所ですが今年は新型コロナウイルスの発生で世界が一変しました。ステイホーム、何とも虚しい響きですが今は我慢です。人生設計の変更を余儀なくされた方も多い事でしょう。辛い現実に戸惑う事もあるでしょう。今は何も出来ませんが必ず終息が来ます事を希望の糧にして自分に向かい合い、自分磨きの時間しては如何ですか。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年4月11日、先の震災から8年と1ヶ月経ちました。

2019年4月11日、先の震災から8年と1ヶ月経ちました。

2019年4月11日、先の震災から8年と1ヶ月経ちました。

昨日は寒かったですね。まるで冬の様な1日でしたが、今日から日毎に春本番になるのでしょう。福島原発周辺も帰還地域が日毎に増えて行くと思うと嬉しい限りですが、小生の思いですと、全てが春本番までにはもう少し時間が必要と思います。新聞マスコミではカルロスゴーンの名前を見ない日はありませんが、日本でもオーナー経営者の一部の方では、同じ様な事は良くあると聞きます。それは、非上場のオーナー経営者だから許される事で、日産と言う上場会社であり、グローバル企業では如何なものでしょうか。お金には魔力があると聞きます。人を狂わすとも言います。確かに日産と言う会社を立ち直らせましたが、同時に多くの下請け会社が無くなったとも聞きました。おそらく外国企業であればそれも受け入れる企業風土があるのでしょうが、物造り日本の風土では、会社名は違いますが心は日産なのです。贅沢な暮らし振り振りを聞きますと、たとえ無罪になっても、日本人の小生としては心が暗くなります。日本人は判官贔屓の人種です。これからは外国籍の社長も多くなると思いますが、郷に入れば郷に従えという言葉が日本にはあります事、頭の片隅にお忘れ無く。

2019-04-11 15:50:49

店長日記