工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から5月皐月の始まりと共に令和の始まりです。元号が替わったからとて何もかも変わる訳では無く、むしろ、何時も通りの日々の暮らしと小生は思っています。但し、時間の区切りの苦手な人にとっては、良い意味で利用してはいかがですか。心機一転が必要な人、良いチャンスかもしれませんよ。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年3月11日、先の震災から8年です。

2019年3月11日、先の震災から8年です。

2019年3月11日、先の震災から8年です。

先の震災から8年経ちました。早いか遅いかは人まちまちだと思いますが、今日を含め、ここ数日は震災関連の話が多い事は良い事と思っています。大きく様変わりをした地域は、今日の日を待っていた感があり、マスコミでもこんなに変わりましたと取り上げる事でしょう。そう思うと、やはり原発の被災は大いにハンデです。廃炉に係る試算ですが、霞ヶ関の方は21兆円、民間シンクタンクの方が最大81兆円と試算しています。間を取っても50兆円です。お金も係りますが時間も係ります。それも、どんどん長くなっています。これだけ差があると言う事は、答えが無いという事と同じと思います。先日も地震に関する報告がありましたが、地震予知に関すれば出来ないそうです。10年先かも知れないが明日かも知れないそうです。家に居るから安心とは言えませんし、多くの方が会社務めです。大きな地震が起きれば帰宅難民になります。都心から帰るにも、所々で橋が掛かっています。先の震災後、橋を渡っている時に大きな余震に逢いましたが、非常に怖い思いをしました。それでも8年の歳月が記憶を薄くしています。あの時の被災地の皆さんの行動は、ノーベル賞に値すると言った外国のジャーナリストがいましたが、それは外国から見た目だから言えると思います。日本列島の住民であれば、何処にいても地震は付き物です。逃げて通れません。皆さん、大きな地震が起きれば悲しい思いもしなければなりませんが、それでも頑張ってこの国を良い国にしましょう。

2019-03-11 10:04:39

店長日記