工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から9月長月の始まりです。一時の暑さも少しは収まり、いよいよ夏から秋への衣替えかと思いますが小生のガキの頃と違い、四季の匂いが違って感じる事が気に掛かります。確かに寒さは毎年厳しく感じましたが、ここ暫くの夏の暑さに怖さを感じています。雨の降り方も違い、多くの場所で被害が出ています。分かっている様で何が原因なのか分からないという学者の声も聞きます。文句を言っても天気は変わりません。後は自分で守るだけです。夏の疲れは9月10月に出ると聞きます。皆さんお体ご自愛下され。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

今年も今日で1ヶ月経ちました。1ヶ月経つのは誠に早いもので、特に歳を取りますと早く感じます。かつて小生が若かりし頃は、このおっさん何を言っているのかと思ったものですが、今は、その気持ちが分かる歳になりました。若気の至りとは言え、ご免なさいです。世の中はものすごい勢いで変わりつつあります。物造りの世界では、急激に3Dプリンターが勢いを増しています。小生の様な原型を作っての製作者は、残念ながら必要無くなる事と思っています。車も自動運転になりますと運転者がいらなくなりますし、飛行機も近い将来同じ事になりそうです。処で、人間はAI、ITを信じているのでしょうか?いくら自動運転の世界になっても、世の中の重要人物と言われる人はお抱え運転手を雇うでしょうし、フラッグシップにもパイロットが就くと思います。映画の世界では、既にAIに征服された地球が描かれています。手塚修作の漫画の世界が現実化してきました。当時は、このような世界になれば嬉しいなと単純に思いましたが、現実が近くなりますと、逆に怖さばかりを感じます。かつて叔父に言われた言葉を思い出します。便利は滅びの近道を言われた言葉です。当時と今では意味合いが違うかもしてませんが、伯父は、楽をするな、努力を惜しむなと言いたかったと思います。伯父も伯母も既に小言を言ってくれません。今思うと、もっと先達の話を聞いて置けば良かったと思いますが、敵わぬ事になって久しく経ちます。若者の皆さん、年寄りの小言の中には、少しは良い事も言いますので、時には聞き耳を!

2019-01-31 14:53:17

店長日記