工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から5月皐月の始まりと共に令和の始まりです。元号が替わったからとて何もかも変わる訳では無く、むしろ、何時も通りの日々の暮らしと小生は思っています。但し、時間の区切りの苦手な人にとっては、良い意味で利用してはいかがですか。心機一転が必要な人、良いチャンスかもしれませんよ。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

2019年1月31日、今年も1ヶ月経ちました。

今年も今日で1ヶ月経ちました。1ヶ月経つのは誠に早いもので、特に歳を取りますと早く感じます。かつて小生が若かりし頃は、このおっさん何を言っているのかと思ったものですが、今は、その気持ちが分かる歳になりました。若気の至りとは言え、ご免なさいです。世の中はものすごい勢いで変わりつつあります。物造りの世界では、急激に3Dプリンターが勢いを増しています。小生の様な原型を作っての製作者は、残念ながら必要無くなる事と思っています。車も自動運転になりますと運転者がいらなくなりますし、飛行機も近い将来同じ事になりそうです。処で、人間はAI、ITを信じているのでしょうか?いくら自動運転の世界になっても、世の中の重要人物と言われる人はお抱え運転手を雇うでしょうし、フラッグシップにもパイロットが就くと思います。映画の世界では、既にAIに征服された地球が描かれています。手塚修作の漫画の世界が現実化してきました。当時は、このような世界になれば嬉しいなと単純に思いましたが、現実が近くなりますと、逆に怖さばかりを感じます。かつて叔父に言われた言葉を思い出します。便利は滅びの近道を言われた言葉です。当時と今では意味合いが違うかもしてませんが、伯父は、楽をするな、努力を惜しむなと言いたかったと思います。伯父も伯母も既に小言を言ってくれません。今思うと、もっと先達の話を聞いて置けば良かったと思いますが、敵わぬ事になって久しく経ちます。若者の皆さん、年寄りの小言の中には、少しは良い事も言いますので、時には聞き耳を!

2019-01-31 14:53:17

店長日記