工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から9月長月の始まりです。一時の暑さも少しは収まり、いよいよ夏から秋への衣替えかと思いますが小生のガキの頃と違い、四季の匂いが違って感じる事が気に掛かります。確かに寒さは毎年厳しく感じましたが、ここ暫くの夏の暑さに怖さを感じています。雨の降り方も違い、多くの場所で被害が出ています。分かっている様で何が原因なのか分からないという学者の声も聞きます。文句を言っても天気は変わりません。後は自分で守るだけです。夏の疲れは9月10月に出ると聞きます。皆さんお体ご自愛下され。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2019年1月11日、先の震災から7年10ヶ月経ちました。

2019年1月11日、先の震災から7年10ヶ月経ちました。

2019年1月11日、先の震災から7年10ヶ月経ちました。

2019年、改めまして明けましておめでとうございます。今年1年、良い年になります様に願います。この頃になりますと、8年前の話がポツリポツリと出て来ます。何故真実を伝えなかったと聞かれますと、パニックになるからと誰もが言います。その言葉に小生は、憤りを覚えます。真実を聞けなかった為に被害を受けた方が多くいます。地図の線引きで悔しい思いをした方も多くいます。地域振興のプロの方に聞きますと、災害から10年が目処だそうです。その時に、住民の3割が戻れば先が見えるそうです。但し、若者が交じる事が大事だそうです。被災地の現状は、姿形は、費用を掛ければどうにかなりますが、それを運用する人力が足りません。上手く行った所はマスコミに取り上げられますが、多くの被災地は復旧半ばです。復旧から復興は何時になるのか、まるで見当が付きません。私共は、その現実をもう少し知るべきだと思っています。来年はオリンピックが東京であります。被災地の皆さんは、口は悪いのですが、本当にお人好しです。立派な競技場を見て、素直に喜ぶ人ばかりです。心のどこかには?もあるでしょうが、口に出さないでしょう。そろそろ大きな地震が来ると予想されています。来れば、先の震災の記憶が薄れる事は致し方ない事ですが、その時は真実を教えて下さい。永田町の皆さんのバトルよりは、もっと冷静に行動するかもしれませんよ、市井の皆さんは。

2019-01-11 09:01:08

店長日記