工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から5月皐月の始まりと共に令和の始まりです。元号が替わったからとて何もかも変わる訳では無く、むしろ、何時も通りの日々の暮らしと小生は思っています。但し、時間の区切りの苦手な人にとっては、良い意味で利用してはいかがですか。心機一転が必要な人、良いチャンスかもしれませんよ。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2018年12月21日、今年も残り僅かになりました。

2018年12月21日、今年も残り僅かになりました。

2018年12月21日、今年も残り僅かになりました。

今年も残り10日となりました。1年経つのは早いものですね。特にこの歳になりますと早く感じるのは小生だけなのかな?話は変わりますが、どの国のトップとは言いませんが、自国が良ければご満悦になり、面白くなければいちゃもんを付ける態度、どうも行けません。そこで我が国ですが、お国柄かその様には感じませんが、ご機嫌伺いが過ぎるとも感じます。戦闘機1機の価格とその後の保守点検代を考えますと、その対価でどれだけの文化財産が残せるかと思うと、ちょっと残念に思います。武器は、盾と鉾で際限無く買い替えが続き、終わりが有りません。、それもどんどん高くなります。例えが正しいかは分かりませんが、原子力発電所の建設には、安全を考えますと際限なく安全代が掛かります。日本が輸出を考えていた2国の建設が中止されそうです。正解と思います。今の日本は安全で無いのでしょうか?充分安全な国だと小生は思うのですが、霞ヶ関の皆様も永田町の皆様も不安なんでしょうね。バイ何とかで一杯飛行機?を買うそうです。今日の新聞に樹木希林さんの言葉が載っていました。お互い中毒なんです。主人は私に、私は主人に。乙な言葉ですね。小生も内のかみさんと言いたい所ですが、馬鹿にされますので止めておきますが、物作りの中毒には間違いなく罹ってしまって数十年が経ちました。残り時間は少ないでしょうが、チャレンジしたい事がまだ残っています。職人を目指す皆さん、無理にはお勧め致しませんが、物作りの中毒患者も乙なもんですよ。

2018-12-21 01:54:04

店長日記