工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から5月皐月の始まりと共に令和の始まりです。元号が替わったからとて何もかも変わる訳では無く、むしろ、何時も通りの日々の暮らしと小生は思っています。但し、時間の区切りの苦手な人にとっては、良い意味で利用してはいかがですか。心機一転が必要な人、良いチャンスかもしれませんよ。
HOME»  店長日記»  店長日記»  2018年12月11日、先の震災から7年9ヶ月経ちました。

2018年12月11日、先の震災から7年9ヶ月経ちました。

2018年12月11日、先の震災から7年9ヶ月経ちました。

本日、東南海地震に関するニュースを見ましたが、そろそろなのかと感じます。地震が起きれば関東地方もかなり揺れるでしょうし、東京直下型地震も近いと聞いていますので、心の準備が出来るだけでも有難い事と思います。一番怖いのが、予定してない地震が起きた時です。自分の住んでる場所は安全と言う気持ちがパニックを起こしますのでご注意有れです。日本列島全てに地震の無かった所は無いそうで、たまたま空白期だそうです。先の震災から7年経ちますと被災地も大分復旧しましたが、安全確保の為に巨大なな防波堤が出来ていますし、出来つつあります。小生は不思議に思うのですが、津波は、人間の英知をあざ笑うかの様に防波堤を越して来ます。当時の防波堤が出来た時は、誰もがこれで安全と思った事と思いますが、今回も、残念ながら人類は負けました。自然に勝つ事が正しいのか、そてとも共生が正しいのか問われると、共生の道が聞こえます。小生に的確な答えなどありませんが、小生が餓鬼の頃と比べると、今の日本の気候は明らかに違います。お偉い先生方は直ぐ地球温暖化のせいだと言いますが、そうなのでしょうか。新しい発見は、たまたまの失敗からとか素人考えからと言います。そろそろ目先を変える事も必要かと思います。霞ヶ関永田町の皆さんは相変わらず原子力に御熱心ですが、先日はトルコへの輸出に待ったが掛かりました。維持する事に如何にお金が係るか分かっただけでも有意義な決定だと思いますはが、その隙間を着いて他国が建設する事になるのでしょう。不安で一杯です。本日ストックホルムではノーベル受賞式が行われていますが、改めて日本人は凄いなと思います。改めて本庶先生に感謝と共に、本日産まれた孫娘にも感謝をして終わります。

2018-12-11 22:38:06

店長日記