工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から6月水無月の始まりです。新年号も1ヶ月経ちますと違和感も無く、平成は何処に行ってしまっのか不思議な気持ちになります。私のガキの頃ですと梅雨に入る前の今頃は爽やかな日が多く、新芽も咲き誇り、秋の入り口の10月初旬と同じくらい好きな時期でしたが、この頃は初夏を思わせる陽気に節気が心配になります。これから梅雨の季節が近くなり益々体調管理が大変になりますのでお体ご自愛下さい、油断大敵ですよ!
HOME»  店長日記»  店長日記

店長日記

店長日記
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019年6月11日、先の震災から8年3ヶ月経ちました。

梅雨に入り、暑かったり寒かったりの日々ですが、皆さん体調の管理は如何ですか。この頃不思議に思うのですが、昨日までは体調も良く睡眠もぐっすり寝たと思ったら翌日はどうもおかしい。何も悪い事していないのにと思ったことありませんか?機械もそうです。昨日まで元気に動いていたのが今日スイッチを入れると動かなかった事ありませんか?パソコンも同じでまるで天邪鬼の様です。高齢者の交通事故が問題視される昨今ですが、自動運転が確立されれば免許証自体がいらなくなりますし、ドライバーという言葉も無くなりますし、交通事故も無くなる訳です。ところが先程も言いましたが機械は急に壊れますし、コンピューターで管理されたシステムは1度おかしくなると手が付けられません。福島の原発は天災で破壊されましたが、他国の大きな原発事故は人災と言われていますがどうなんでしょうか。天災も人災の1つと言う人もいます。残念ながら今もって人間は天災に敵わないそうで、どんなに強固に守っても破るのが天災だそうです。矛盾と言う字が無くなる日が来ると嬉しいですね。報道される記事が真実なのか、それともプロパガンダなのか分かりませんが、昨今は専門家の意見も分かれます。昔は答えが1つでしたが、今は答えがいくつもあるのではと思う事があります。多様化時代とは聞こえは、良いが選ぶ方は大変ですよね。小生には、、時には肩の力を抜いて位しか言えませんが、、答えが1つで無ければ1回の失敗で終わりではないので、チャレンジですよ皆さん。
 

2019-06-11 21:06:28

折りたたむ

2019年5月31日、先日の登戸の事件、心が痛みます。

先日の登戸の事件、心が痛みます。テレビでは賛否両論多くの意見が出され、暫くはこの話題が続く事と思います。又、トランプ大統領へのおもてなしについても賛否両論でしたね。小生が思うには、日本はおもてなし大国だと思っています。温泉に浸かれば何時も綺麗な湯船に浸かれ、料理も美味しく頂けます。仲居さんの接待は表のおもてなしですが、綺麗な湯船、美味しい料理も、これも立派なおもてなしだと思っています。人間は見える事に関しては良かれ悪かれ意見を言いますが、見えない所にも大変な努力がある事、理解すべきだと思います。この金額なら当たり前と思わず、帰りがけニコッと笑い、又来るよ、お湯も良かったし料理も美味しかった、少ない言葉ですが、スタッフの皆さんには明日の活力になると思います。小生だけが思う事かもしれませんが、身内には良く使っても、他人にはありがとうの言葉を聞く事が少なくなりました。ありがとうの中には、ごちそうさんもあります。お店で使って見て下さい。次に行った時には、もしかしたら?があるかもしれませんよ。

2019-05-31 10:38:57

折りたたむ

2019年5月21日,今日は関東も雨です。

九州地方では大雨が降り、特に屋久島の皆さん、大変でしたね。西にあった雨雲が今日は関東に雨を降らしていますので、地球が自転している事が分かります。その雨は川を下り、海に流れます。普段の流れでしたら海もひどく汚れないのでしょうが、大雨が降りますと洪水が起こり、流れてはいけない物まで流れてしまいます。分解されない物質は何時か深海に届き、深海生物の体内に溜ります。時に深海生物の胃袋から発見された物質を見ると、恐ろしくなります。同じ様に放射性物質も溜るそうです。大半の物質は海水でかなり希釈されるそうですが、物質によってはゆっくり深海に向かうそうです。見えない餌とは言い過ぎかもしれませんが、深海生物は強いですね。見えない物の怖さを人間はもう少し知るべきです。先日も、スーツ姿で偉い方が廃炉原発の視察に訪れ、廃炉に向けて順調に進んでいると話されていましたが、現実はどうなんでしょうか。もう少し真実を伝えても国民は怒らないと思います。意外と国民は冷静ですよ。その例が、戦争で島を取り戻せの発言です。国民の誰もが馬鹿な発言と思うでしょうし、相手にしないでしょう。冷たくご自分でどうぞと言われ、行く勇気があるとは思えません。戦争経験者の先達の声を聞いて下さい。今年は参議院議員の改選があります。同時ダブル選挙の声もあります。選挙は日本の株主の唯一の主張の時かもしれませんよ。

2019-05-21 09:37:01

折りたたむ

2019年5月11日、先の震災から8年2ヶ月経ちました。

先の震災から8年2ヶ月経ち、昨日の新聞には、原発の排気塔の解体が始まったと書いてありました。日本の技術をもってすればもっと早く解体出来たと思うでしょうが、排気塔付近の線量は未だ高いそうです。その場に数時間いるだけで致死量に達すると書いてありました。新幹線の輸出のセールスポイントが安全性の高さです。地震大国日本で未だ大きな事故の無い新幹線の技術がありながら、原子力発電では味噌を付けてしまいました。今回の廃炉作業で大きな知恵と技術が産まれると思います。廃炉完了まで時間は係っても、それからの原子力開発で良いのではないでしょうか。もしかするともっと安全に、しかも安価にエネルギー革命が起こるとも限りません。新興住宅の売り込みの目玉にスマートグリッドの文字が時折見られます。確かに販売価格は相場より高くなりますが、ドローンでの空中撮影を見ると、太陽光パネルの張られた屋根の姿は壮観です。科学者の話では、太陽光パネルはもっと発電能力が上がり、しかも安価になると聞きましたし、蓄電システムの蓄電池の能力が格段に進歩しているそうです。これはハイブリッドカーの進歩のお陰だそうです。技術の進歩が仕事を変え始めています。近い将来多くの仕事が人間から離れ、消えるとも言われています。物作りの世界は3Dプリンターの出現で間違いなく変わるでしょう。今の所、人間の研ぎ澄まされた感性対コンピューター能力の戦いですが、人間の能力には限界がありますので、残念ながら近い将来には負けるでしょう。それでも人間の感性は凄いです。時にコンピューターも凌駕します。出て来い、あっと言わせる若者よ。

2019-05-11 12:29:55

折りたたむ

2019年4月30日、平成最後の日になりました。

今日で平成が終わります。マスメディアでは平成の大晦日と、なかなか上手い表現をされていますね。元号を使う国は、今では日本だけと聞きました。昭和生まれの小生としては、これで3代の元号にお世話になる訳で、嬉しい限りです。仕事の書類では元号を使う事は無くなりましたが、時代時代で製作した品物も違います。西暦で言うよりは、昭和、平成の方が分かり易く、懐かしい話も分かり易い所があります。それに、これから製作する品物は令和時代の作品になります。楽しみの一つになりました。日本人として産まれた特権かも知れません。ある時、日本語堪能なイギリス人に言われた事があります。元号の弱点の一つだと思いますが、元号最後の年と新元号新年が重なる事であり、外国人にとっては理解するのが大変だそうです。それを理解するのが日本人と言いましたら、笑っていました。既に帰国していますが、今回の新元号に、彼は何と言っているのか知りたい所です。僭越ながら、日本人の研究者は誠に優秀だと思っています。少ない研究費でこれだけ凄い発明発見をしています。その予算も、年々削られていると聞いています。近年では、どこそこの国ではこうだからこうして下さいと言われるそうですが、ここは日本です。これからもノーベル賞に浴する日本人を見たい所ですが、心配になります。。近い話として、日本のお役所仕事の残念な所は、予算ありきで、品物の良し悪しより1円でも安ければ落札されます。現場の声が届く事はまずありません。生意気な言い方ですが、時には聞く耳を持って,何故この金額になるのか理解して下さい。新しい時代が来るわけですから、変わるチャンスでもあると思います。そして平成時代同様、戦争の無い令和時代であります様に。

2019-04-30 01:07:34

折りたたむ

2019年4月21日、先月と比べますと過ごしやすいこの頃です。

花粉症の皆さん、この頃は如何ですか?巷ではそろそろ終わる頃と言われていますが、小生は相変わらずくしゃみが止まりませんので薬を服用していますが、時には急に眠くなり、困っています。眠くなりずらい薬とあり服用していますが、日本語とは上手い表現が多く、眠くならないとは書いてありませんので、こちらの負けです。先日インターネット回線の勧誘の電話があり、度々電話を頂く人からです。若い人らしいのですが、何処と無く横柄な話し方に、小生の様な臍曲がりにはいけません。一度その話し方を注意しましたので、もう掛かって来る事は無いと思っていましたが、それでも掛かってきます。おそらくノルマがあり、小生の様な所にも仕方なく電話をするのでしょうが、時代は変わったと、この頃思います。実体経済で生きてきた小生には、電話で商売と言うこのご時世に不安も感じていますし、同時に物作り日本にも不安を感じます。時と共に時代が変わるのは必然ですが、良い方向に替わる事を願う年寄りは多いと思います。何時かはボーダレスの時代が来ると思いますが、それまでは技術立国日本でいる事を願い、実体経済にどっぷり浸かっている小生は、今日もレプリカ作りを続けています。後僅かで日も変わりますが、物作りは楽しいですよ、若者の皆さん。

2019-04-21 23:27:49

折りたたむ

2019年4月11日、先の震災から8年と1ヶ月経ちました。

昨日は寒かったですね。まるで冬の様な1日でしたが、今日から日毎に春本番になるのでしょう。福島原発周辺も帰還地域が日毎に増えて行くと思うと嬉しい限りですが、小生の思いですと、全てが春本番までにはもう少し時間が必要と思います。新聞マスコミではカルロスゴーンの名前を見ない日はありませんが、日本でもオーナー経営者の一部の方では、同じ様な事は良くあると聞きます。それは、非上場のオーナー経営者だから許される事で、日産と言う上場会社であり、グローバル企業では如何なものでしょうか。お金には魔力があると聞きます。人を狂わすとも言います。確かに日産と言う会社を立ち直らせましたが、同時に多くの下請け会社が無くなったとも聞きました。おそらく外国企業であればそれも受け入れる企業風土があるのでしょうが、物造り日本の風土では、会社名は違いますが心は日産なのです。贅沢な暮らし振り振りを聞きますと、たとえ無罪になっても、日本人の小生としては心が暗くなります。日本人は判官贔屓の人種です。これからは外国籍の社長も多くなると思いますが、郷に入れば郷に従えという言葉が日本にはあります事、頭の片隅にお忘れ無く。

2019-04-11 15:50:49

折りたたむ

2019年4月1日,新年度の始まりです。

本日より2019年度の始まりと共に2018年度が終わりました。2月3月は日本独特なのかは分かりませんが予算の消化時でもあります。何処の公的機関も予算が付かない時代ですから少ない予算の中から確保する事は大変な事ですが、それでも予備費が残ります。その予算の消化時期が2月3月ですが、馴染みの学芸員に会える時期でもあります。年ごとに厳しくなる予算ですが、頑張っている姿を拝見すると嬉しくもなります。金勘定で忙しかった2月3月が終わり、この4月は本職の研究に没頭できる事でしょう。小生も老体に鞭打って徹夜が続きましたが寄る年波には勝てない様で、昨日の帰りの運転は眠かったです。お陰かどうかわかりませんが、昨日はそのまま訳も分からず今朝までバタンキュウでした。本日は新年号も発表されました。新しい時代の始まりと思います。テレビもラジオも新しい番組が始まり、馴染むまでは暫く時間が係りますがおかしなもので、何時の間にか自然と受け入れている自分がいます。おそらく新年号も時間の経過と共に馴染んでいる事でしょう。小生は相変わらずくしゃみと鼻水に悩ませていますが、もう少しで楽になれると思い、日々を過ごしています。、今もくしゃみの連続でしたが、そろそろ仕事に戻れとの合図の様です。

2019-04-01 20:14:33

折りたたむ

2019年3月21日、今日はお彼岸ですね。

今日はお彼岸ですが、お墓参りをされましたか。そうは言っても都会の一人暮らしの皆さんにはなかなか現実味の無い話ですよね。その時はご先祖様を思うだけで十分だと思います。先達の言葉を思い返してみると、この歳になると、これが意外と影響を受けている事に気付きます。その立場になりつつある自分はどうか自問する時もありますが、未だ気の利いた答えの出ない自分がいます。おそらく格好の良い自分を探しているのでしょう。この殻を取らない限り駄目でしょうね。分かっているのですがこれが出来ないのが人間で、先達の凄さを今頃になって分かる様では、まだまだ修行が足りません。平均寿命までは暫くありますので、このまま大病をしなければ修業の時間があると言う事ですが、小生の性格からして、このまま自然と時間が過ぎて行くのかと思っています。後数年で一戦は退きますが、物造りは細々としている事と思います。それが小生の生き方で、不器用な小生の生き方と持っていますが、それも生き方の修行かも知れません。若者の皆さん、名をはせる事も希望かも知れませんが、自然に生きる事も結構格好良い事ですよ。

2019-03-21 19:59:12

折りたたむ

2019年3月11日、先の震災から8年です。

先の震災から8年経ちました。早いか遅いかは人まちまちだと思いますが、今日を含め、ここ数日は震災関連の話が多い事は良い事と思っています。大きく様変わりをした地域は、今日の日を待っていた感があり、マスコミでもこんなに変わりましたと取り上げる事でしょう。そう思うと、やはり原発の被災は大いにハンデです。廃炉に係る試算ですが、霞ヶ関の方は21兆円、民間シンクタンクの方が最大81兆円と試算しています。間を取っても50兆円です。お金も係りますが時間も係ります。それも、どんどん長くなっています。これだけ差があると言う事は、答えが無いという事と同じと思います。先日も地震に関する報告がありましたが、地震予知に関すれば出来ないそうです。10年先かも知れないが明日かも知れないそうです。家に居るから安心とは言えませんし、多くの方が会社務めです。大きな地震が起きれば帰宅難民になります。都心から帰るにも、所々で橋が掛かっています。先の震災後、橋を渡っている時に大きな余震に逢いましたが、非常に怖い思いをしました。それでも8年の歳月が記憶を薄くしています。あの時の被災地の皆さんの行動は、ノーベル賞に値すると言った外国のジャーナリストがいましたが、それは外国から見た目だから言えると思います。日本列島の住民であれば、何処にいても地震は付き物です。逃げて通れません。皆さん、大きな地震が起きれば悲しい思いもしなければなりませんが、それでも頑張ってこの国を良い国にしましょう。

2019-03-11 10:04:39

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5