工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から7月文月の始まりです。日本列島梅雨の真っ盛りです。湿気も多く、何かと気分も滅入る季節ですが四季のあるこの国に産まれた事をこの歳になりますと幸せに感じます。先日で今年の半分が終わり、今日から後半戦の始まりですが、あっという間の半年でした。大した事も事せずの半年でしたので後半戦は頑張ろうと思うのですが、今年の年末には同じ事を言っているかもしれませんね。あまり張り切りすぎても弊害は出るものです。偶にはゆっくりするのも大事ですよ。
HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019年7月11日、先の震災から8年4ヶ月経ちました。

今日の新聞を読みますと、先の震災を受けて湿地帯のままの遊水地ではミズアオイやイトヨが繁殖しているそうです。かつては自然豊かなビオトープでしたが宅地開発と引き換えに自然が無くなり、何処か皮肉に感じてしまいす。太古の昔は川の氾濫が豊かな土壌を産み、先達は自然現象と共生していましたが、現在は人間が自然現象を超え様としています。地球温暖化も然り、漁獲量の減少も然りです。この頃は気に食わない事があると報復し、ちょいとばかり褒められると良い奴と言う馬鹿げた風潮がまかり通っています。特に一国一城の主が言う訳ですから達が悪いです。小言も時には聞き、我が身を振り返るのも大事ですよ。10日後には国政選挙があります。対抗馬の弱点ばかり突くのでは無く、もう少し建設的な討論が聞きたいものです。参議院は良識の府と言われていますが現状はどうなんでしょうか。小生は多くを語りませんが、若者の未来は決して明るい景色とは言えません。永田町の保守系の住民の多くを二世三世が多くを占めている事に冷めて見ている自分がいます。小生は2大政党とキャスティングボードを握る少数政党1~2政党が立法の理想と考えています。常に国の危機感を持って行動し、その通信簿を国の株主である投票権を持つ国民が正しく評価する事が国政選挙と思っています。衆議院と違って参議院だからまあ良いかと思わず、選挙に行く癖を付けましょう。投票しますと、選挙結果が楽しみになりますよ。

2019-07-11 17:50:15

折りたたむ

2019年7月1日、今年の後半戦が始まりました。

今年も半年が過ぎ、1年の経つのは早いですね。前半を振り返ると大きな地震がありましたし、ここ1ヵ月は関東も良く揺れます。週刊誌に何処が危ないと書かれた記事を読むと心配になりますが、おそらく日本列島の中で地震の無い地域は存在しないと思います。後は個人個人の危機管理だと思います。幾ら住む家を丈夫にしても地震は何時来るか分かりませんので、何処で被災するかも分かりません。丈夫な家は大事ですが、先の震災を思い返しますと、1番大事なのは人間のモラルだと思いました。小生はありがたい事に人命に係わる地震に遭遇していませんが、あの時の皆さんの様な行動が取れるかどうか取れる自信はありません。それが正直な気持ちです。世界の大国の指導者が大阪に集まりましたが何処か腹の探り合いの所も見られ、冷めた目でいる事も事実です。おそらく本音を言えば会議にならないのでしょう。勿論日本もそうですが、どの国も自国大事が見られ、何時になったらボーダーレスになるのかさっぱり分かりません。人間は欲深い動物ですから程々と言う言葉を無視します。沖縄で言う「ていげい」、良い言葉ですね。侵略、略奪には暴力、欲望、満足があり、その替わりに悲しみと憎しみが発生します事忘れずにお願いしますね。だって、訳も分からず土足で家に上がられたら嫌ですもんね。

2019-07-01 13:01:06

折りたたむ

2019年6月21日、先日の地震大丈夫ですか。

先日新潟県山形県を中心に大きな地震がありました。千葉県でも震度3を記録したそうです。千葉県でもこの所震度3~4の地震が続いていましたので、今回は日本海が震源地と聞き、日本列島が揺れていると思いました。皆さんご注意有れです。世の中には言葉が滑ったと言う言葉があります。悪気は無いと思いますが、聞く方は嫌な気分になります。まして事有名人となればマスコミは面白おかしく書き立てますので、何時の間にか真意と掛け離れた事になっています。永田町の皆さんの発言は特に大変です。お偉い先生の発言で大事な法案の審議時間が無くなります。これで良いのかと思いますが、ずっと続き、長い歴史になっています。何処の大国も自国の味方を増やそうとあの手この手と使い、昨日の敵が明日の見方の様で、何故もっとお互いを認め仲良く出来ないのか、小生の様な凡人には感じます。皆さん色の3原色はご存知ですか。白から始まり最後は黒で終わりますが、実は色の出し方には何通りもあり、その過程はどれも正解になります。同じ様に1つの答えに執着しなければもっと自由に生きる事が出来ますし楽しいと思うのですが、霞ヶ関と永田町の皆さん如何ですか。その中で直す事があれば直せば良いと思います。一昔前と比べると、今は少し窮屈に見えます。多くの色は2色3色と混ぜれば出来ますが白は1色です。もっと大変なのが無色透明です。子供は無色で産まれ、初めに白色が付き、色々な色に染まって行きます。どの様な色に染めるのでは無く染まるのですよ。子育ては大変な授業ですが若いお父さんお母さん、頑張って絵筆を取って下さい。

2019-06-21 16:02:12

折りたたむ

2019年6月11日、先の震災から8年3ヶ月経ちました。

梅雨に入り、暑かったり寒かったりの日々ですが、皆さん体調の管理は如何ですか。この頃不思議に思うのですが、昨日までは体調も良く睡眠もぐっすり寝たと思ったら翌日はどうもおかしい。何も悪い事していないのにと思ったことありませんか?機械もそうです。昨日まで元気に動いていたのが今日スイッチを入れると動かなかった事ありませんか?パソコンも同じでまるで天邪鬼の様です。高齢者の交通事故が問題視される昨今ですが、自動運転が確立されれば免許証自体がいらなくなりますし、ドライバーという言葉も無くなりますし、交通事故も無くなる訳です。ところが先程も言いましたが機械は急に壊れますし、コンピューターで管理されたシステムは1度おかしくなると手が付けられません。福島の原発は天災で破壊されましたが、他国の大きな原発事故は人災と言われていますがどうなんでしょうか。天災も人災の1つと言う人もいます。残念ながら今もって人間は天災に敵わないそうで、どんなに強固に守っても破るのが天災だそうです。矛盾と言う字が無くなる日が来ると嬉しいですね。報道される記事が真実なのか、それともプロパガンダなのか分かりませんが、昨今は専門家の意見も分かれます。昔は答えが1つでしたが、今は答えがいくつもあるのではと思う事があります。多様化時代とは聞こえは、良いが選ぶ方は大変ですよね。小生には、、時には肩の力を抜いて位しか言えませんが、、答えが1つで無ければ1回の失敗で終わりではないので、チャレンジですよ皆さん。
 

2019-06-11 21:06:28

折りたたむ

2019年5月31日、先日の登戸の事件、心が痛みます。

先日の登戸の事件、心が痛みます。テレビでは賛否両論多くの意見が出され、暫くはこの話題が続く事と思います。又、トランプ大統領へのおもてなしについても賛否両論でしたね。小生が思うには、日本はおもてなし大国だと思っています。温泉に浸かれば何時も綺麗な湯船に浸かれ、料理も美味しく頂けます。仲居さんの接待は表のおもてなしですが、綺麗な湯船、美味しい料理も、これも立派なおもてなしだと思っています。人間は見える事に関しては良かれ悪かれ意見を言いますが、見えない所にも大変な努力がある事、理解すべきだと思います。この金額なら当たり前と思わず、帰りがけニコッと笑い、又来るよ、お湯も良かったし料理も美味しかった、少ない言葉ですが、スタッフの皆さんには明日の活力になると思います。小生だけが思う事かもしれませんが、身内には良く使っても、他人にはありがとうの言葉を聞く事が少なくなりました。ありがとうの中には、ごちそうさんもあります。お店で使って見て下さい。次に行った時には、もしかしたら?があるかもしれませんよ。

2019-05-31 10:38:57

折りたたむ

2019年5月21日,今日は関東も雨です。

九州地方では大雨が降り、特に屋久島の皆さん、大変でしたね。西にあった雨雲が今日は関東に雨を降らしていますので、地球が自転している事が分かります。その雨は川を下り、海に流れます。普段の流れでしたら海もひどく汚れないのでしょうが、大雨が降りますと洪水が起こり、流れてはいけない物まで流れてしまいます。分解されない物質は何時か深海に届き、深海生物の体内に溜ります。時に深海生物の胃袋から発見された物質を見ると、恐ろしくなります。同じ様に放射性物質も溜るそうです。大半の物質は海水でかなり希釈されるそうですが、物質によってはゆっくり深海に向かうそうです。見えない餌とは言い過ぎかもしれませんが、深海生物は強いですね。見えない物の怖さを人間はもう少し知るべきです。先日も、スーツ姿で偉い方が廃炉原発の視察に訪れ、廃炉に向けて順調に進んでいると話されていましたが、現実はどうなんでしょうか。もう少し真実を伝えても国民は怒らないと思います。意外と国民は冷静ですよ。その例が、戦争で島を取り戻せの発言です。国民の誰もが馬鹿な発言と思うでしょうし、相手にしないでしょう。冷たくご自分でどうぞと言われ、行く勇気があるとは思えません。戦争経験者の先達の声を聞いて下さい。今年は参議院議員の改選があります。同時ダブル選挙の声もあります。選挙は日本の株主の唯一の主張の時かもしれませんよ。

2019-05-21 09:37:01

折りたたむ

2019年5月11日、先の震災から8年2ヶ月経ちました。

先の震災から8年2ヶ月経ち、昨日の新聞には、原発の排気塔の解体が始まったと書いてありました。日本の技術をもってすればもっと早く解体出来たと思うでしょうが、排気塔付近の線量は未だ高いそうです。その場に数時間いるだけで致死量に達すると書いてありました。新幹線の輸出のセールスポイントが安全性の高さです。地震大国日本で未だ大きな事故の無い新幹線の技術がありながら、原子力発電では味噌を付けてしまいました。今回の廃炉作業で大きな知恵と技術が産まれると思います。廃炉完了まで時間は係っても、それからの原子力開発で良いのではないでしょうか。もしかするともっと安全に、しかも安価にエネルギー革命が起こるとも限りません。新興住宅の売り込みの目玉にスマートグリッドの文字が時折見られます。確かに販売価格は相場より高くなりますが、ドローンでの空中撮影を見ると、太陽光パネルの張られた屋根の姿は壮観です。科学者の話では、太陽光パネルはもっと発電能力が上がり、しかも安価になると聞きましたし、蓄電システムの蓄電池の能力が格段に進歩しているそうです。これはハイブリッドカーの進歩のお陰だそうです。技術の進歩が仕事を変え始めています。近い将来多くの仕事が人間から離れ、消えるとも言われています。物作りの世界は3Dプリンターの出現で間違いなく変わるでしょう。今の所、人間の研ぎ澄まされた感性対コンピューター能力の戦いですが、人間の能力には限界がありますので、残念ながら近い将来には負けるでしょう。それでも人間の感性は凄いです。時にコンピューターも凌駕します。出て来い、あっと言わせる若者よ。

2019-05-11 12:29:55

折りたたむ

2019年4月30日、平成最後の日になりました。

今日で平成が終わります。マスメディアでは平成の大晦日と、なかなか上手い表現をされていますね。元号を使う国は、今では日本だけと聞きました。昭和生まれの小生としては、これで3代の元号にお世話になる訳で、嬉しい限りです。仕事の書類では元号を使う事は無くなりましたが、時代時代で製作した品物も違います。西暦で言うよりは、昭和、平成の方が分かり易く、懐かしい話も分かり易い所があります。それに、これから製作する品物は令和時代の作品になります。楽しみの一つになりました。日本人として産まれた特権かも知れません。ある時、日本語堪能なイギリス人に言われた事があります。元号の弱点の一つだと思いますが、元号最後の年と新元号新年が重なる事であり、外国人にとっては理解するのが大変だそうです。それを理解するのが日本人と言いましたら、笑っていました。既に帰国していますが、今回の新元号に、彼は何と言っているのか知りたい所です。僭越ながら、日本人の研究者は誠に優秀だと思っています。少ない研究費でこれだけ凄い発明発見をしています。その予算も、年々削られていると聞いています。近年では、どこそこの国ではこうだからこうして下さいと言われるそうですが、ここは日本です。これからもノーベル賞に浴する日本人を見たい所ですが、心配になります。。近い話として、日本のお役所仕事の残念な所は、予算ありきで、品物の良し悪しより1円でも安ければ落札されます。現場の声が届く事はまずありません。生意気な言い方ですが、時には聞く耳を持って,何故この金額になるのか理解して下さい。新しい時代が来るわけですから、変わるチャンスでもあると思います。そして平成時代同様、戦争の無い令和時代であります様に。

2019-04-30 01:07:34

折りたたむ

2019年4月21日、先月と比べますと過ごしやすいこの頃です。

花粉症の皆さん、この頃は如何ですか?巷ではそろそろ終わる頃と言われていますが、小生は相変わらずくしゃみが止まりませんので薬を服用していますが、時には急に眠くなり、困っています。眠くなりずらい薬とあり服用していますが、日本語とは上手い表現が多く、眠くならないとは書いてありませんので、こちらの負けです。先日インターネット回線の勧誘の電話があり、度々電話を頂く人からです。若い人らしいのですが、何処と無く横柄な話し方に、小生の様な臍曲がりにはいけません。一度その話し方を注意しましたので、もう掛かって来る事は無いと思っていましたが、それでも掛かってきます。おそらくノルマがあり、小生の様な所にも仕方なく電話をするのでしょうが、時代は変わったと、この頃思います。実体経済で生きてきた小生には、電話で商売と言うこのご時世に不安も感じていますし、同時に物作り日本にも不安を感じます。時と共に時代が変わるのは必然ですが、良い方向に替わる事を願う年寄りは多いと思います。何時かはボーダレスの時代が来ると思いますが、それまでは技術立国日本でいる事を願い、実体経済にどっぷり浸かっている小生は、今日もレプリカ作りを続けています。後僅かで日も変わりますが、物作りは楽しいですよ、若者の皆さん。

2019-04-21 23:27:49

折りたたむ

2019年4月11日、先の震災から8年と1ヶ月経ちました。

昨日は寒かったですね。まるで冬の様な1日でしたが、今日から日毎に春本番になるのでしょう。福島原発周辺も帰還地域が日毎に増えて行くと思うと嬉しい限りですが、小生の思いですと、全てが春本番までにはもう少し時間が必要と思います。新聞マスコミではカルロスゴーンの名前を見ない日はありませんが、日本でもオーナー経営者の一部の方では、同じ様な事は良くあると聞きます。それは、非上場のオーナー経営者だから許される事で、日産と言う上場会社であり、グローバル企業では如何なものでしょうか。お金には魔力があると聞きます。人を狂わすとも言います。確かに日産と言う会社を立ち直らせましたが、同時に多くの下請け会社が無くなったとも聞きました。おそらく外国企業であればそれも受け入れる企業風土があるのでしょうが、物造り日本の風土では、会社名は違いますが心は日産なのです。贅沢な暮らし振り振りを聞きますと、たとえ無罪になっても、日本人の小生としては心が暗くなります。日本人は判官贔屓の人種です。これからは外国籍の社長も多くなると思いますが、郷に入れば郷に従えという言葉が日本にはあります事、頭の片隅にお忘れ無く。

2019-04-11 15:50:49

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5