工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から2月如月の始まりです。2月は1年で1番寒い月と言われますが、今年は1月から真に寒いです。先月に続いて今月も寒さが続くと思うと、つい体も縮こまりそうです。この寒さも時間が過ぎれば、新芽の様に体も伸ばせます。只今受験期間真っ盛りです。結果は悲喜こもごもです。ただ先達として言える事は、長い人生の中で挽回する機会はまだまだあります。その事を覚えておいて下さい。頑張れ受験生!
 
HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2018年2月21日、今日も寒いです。

韓国平昌では冬季オリンピックが開催されていますが、現地から出る言葉が寒いでした。今年は世界中で寒波が暴れている様で、日本だけでは無いみたいですね。日本列島オリンピックの話題で満載ですが、郵便局に行きましたら、大学宛ての書類を出している若人を見かけました。どのような書類なのかは分かりませんが、入学手続きの書類でしたらおめでとうございます。受験の手続きでしたら頑張れです。新聞紙面では、オリンピック関連が多くを占めていますが、良く考えれば、只今大学受験真っ盛りでした。小生にとっては遥か昔の出来事になってしまいました。僅かな記憶ですが、1日は雪の降った日が有った事を思い出しました。当時は若かった面々も、今ではその面影も無くなりましたが、集まれば馬鹿話で花が咲きます。学校が変われば仲間も変わりますが、どの時代にも、気を許せる仲間は今でもいます。これから新しい出会いを迎える若者よ、真の友は多くいりません。その代り、大事にして下さい。歳を取ると、その事が良く分かります。この言葉、頭の片隅にちょこっとで構いませんので覚えておいて下さい。受験生、頑張れ!

2018-02-21 18:06:31

2018年2月11日、先の震災から6年11ヶ月たちました

来月3月11日には先の震災から7年になりますが、先日は台湾でも大きな地震が起きました。震度7と聞きましたが、先の震災は震度8とも9とも言われました。いかに先の震災の凄さを思い知らされます。被災地の組長さんは、ただ今街の再建中であり、頭の痛いことだらけと思います。これからの人口減を考えれば、大きく贅沢な役場は必要無くなると思いますが、霞ヶ関や永田町の誘惑もあると聞きます。復興プランが国主導は。小生は?が付きます。どこの地域にもその地域の特徴があります。将来観光立国を目指すのであれば、その特徴を消さないで下さい。現在の被災地はまだまだ観光地には程遠いのですが、ここ数年で間違いなく人が集まると思っています。外国からの観光客は、口コミで日本人も知らない地を訪れます。観光地慣れしていない素朴さに感動を受けたと聞きます。どこの町も問題は山積みです。潤沢な予算がある都市も、毎年市町村債を出さなければならない市町村も有りますが、悩みの無い所は有りませんが、特徴の無い街は無くなる可能性が高いと思っています。数十年ぶりに訪れた町が隣町に言った様に感じたら小生は悲しくなるでしょう。かつては悪路であった道が、場違いな様な4車線の立派な道路になっていると、便利さと引き換えに懐かしさを失います。すれ違う車も少なく、目的地に着いた時、懐かしき風情が残っていれば嬉しいですし、近代的な建物の建つ街になっていれば第1印象は残念な気持ちになると思います。都会の人間は現実逃避に地方に行きます。そして心を癒して帰ります。東北6県は名湯が沢山あります。心の洗濯に出かけた都会人は多くいるでしょう。そろそろこの地も受け入れ態勢が整い出すと思います。その日を楽しみに待つ小生です。

2018-02-11 13:02:39

2018年1月31日、今日で1月も終わります。

あれっと思ったら明日から2月です。驚くばかりの速さで1月が過ぎました。おそらく初めての経験と思います。雪が降り、寒波が滞っているせいかもしれません。1月に雪が降る事は良くある事ですが、関東では、雪が春を連れて来るとも言います。ところが今年はどうでしょう。寒波が頑張っています。雪と寒さは飲食業には痛手です。特に都市圏の交通網は雪に弱く、都市圏の人間は格別の寒さに弱いです。帰りに一杯が、今日は寒いから明日にするかになり、翌日も寒さが厳しければ、今日は家で一杯になり、お店も暇になります。飲食に携わって長くなりましたが、個性豊かなお店がいつの間にか無くなっていると、やはり寂しさを感じますし、お店の人の顔も浮かびますが、これもご時勢と諦めます。孫と酒を飲むにはまだまだ時間が係りますが、個性豊かな店が何件残っているか心配な爺さんがここにいます。

2018-01-31 19:26:09

2018年1月21日、明日は関東も雪の予報です。

明日の天気予報ですと、小生が住みます関東でも降雪情報が出ています。娘夫婦が暮らします出雲では、雪は付き物で、関東で見る雪を見ても何も驚かない事と思います。この様に、地域によって暮らしは違います。日々の暮らしが長い歴史を作っています。食べ物も地域で大きく変わります。言葉も地域で大きく変わります。同郷同士が偶然に会った時のお国訛りで話す顔は、小生には眩しく映ります。おそらく喧嘩も良くした事でしょう。悪さもしたでしょう。久々に、それも偶然の出会いは、嫌な思いは消えて、東京で戦う戦士同士に映るのでしょう。小生には眩しく見え、羨ましい限りです。小生の様に、東京で学生生活を終えた者には、地元に帰れば仲間がいます。いつでも会えますが、お国訛りで話す二人の心境には到底追い付けません。東京には、郷土料理の食べ物屋さんが多く有りますが、やはり都会で食べる料理と郷里で食べる料理は違うと言います。1例として野沢菜が良く言われます。信州で食べた同じ野沢菜を都会に帰って食べると違うと言いますが、野沢菜は変わりませんが,吸っている空気が違うだけだと思います。それに、漬物を漬ける人が変わる事で大きく変わります。同じ要領で漬けても違うと言います。これが個性だと小生は思います。個性豊かなお店が徐々に無くなるこの頃、孫に伝えたい食べ物は多く有りますが、年々減って行く昨今に寂しさが募ります。少し諦めの境地の小生がここにいます。

2018-01-21 11:52:39

2018年1月11日、先の震災から6年10ヶ月経ちました。

改めて、明けましておめでとうございます。今年で平成が終わり、新しい年号の始まりです。平成が終わるまでには数か月ありますが、小生が平成での1番の出来事と言えば、やはり先の震災が浮かびます。先日も緊急地震速報が鳴り一瞬身構えましたが、誤報でホットしました。歴代首相経験者2名が原発廃止を提唱されていますが、一人の方は、かつては推進派だったと記憶しています。政府の中枢にいた訳で、知りうる全てを話す事は無理があると思いますが、もう少し理由付けがあればと思います。核燃料の最終廃棄処分地の問題は昔から言われていた事ですし、小生の様に臍が曲がった者には穿った思いも浮かびます。再認識として、原発の大きさを知って下さい。写真は全体像を映しますので大きさが曖昧になりますが、その大きさに驚きます。設置場所は海岸淵です。先の震災での津浪を見るまでは、他人事の様に津波の映像を見ていましたが、現実を見て恐怖を覚えた記憶があります。原発の表向きの所有者は電力会社ですが、実態は民官一体所有物と思っています。誘致にあたっては霞ヶ関が動き、政治が動き、地方が動いたと聞いています。最後に電力会社が重い腰を上げたと思います。発電量は、人口減と科学の進歩で減少傾向にあります。小生の田舎では、豊富な水力を利用して小型水力発電で村の電力を賄っているそうです。先日も、原発の再稼働に対する裁判所の判断を聞いて、つい笑ってしまいました。この判決がまかり通れば原発の再稼働はあり得ません。電車から眺める家々の屋根には太陽光のパネルが多くなりました。そろそろ市民は自衛本能に目覚めたのかもしれません。良い事かどうかはわかりませんが、小生は良い事だと思いますが、皆様はいかが思いますか?

2018-01-11 14:31:46

2017年12月31日、今日で平成29年が終わります。

来年の5月になりますと年号が変わり、小生も年号が3代目になります。2030年には東京でのオリンピックも2回目を迎えられます。いかにも長生きしているような物言いですが、まだ60歳代の若造の気持ちがたくさんあります。小生のような物造りには終わりまありません。どんなに上手くできた品物もどこか気に入らない所が出てきます。その度に後悔の念があります。後身のためにもそろそろ引退しろと言う人もいれば、職人に終わりはないと言う先輩もおられます。60歳を過ぎてからはこの二つの言葉に惑わされています。上手く行っている時はまだまだ頑張ると思いますが、上手く行かない時は、そろそろ引退するかと思います。そんなこんなの毎年が続いていますが、今年も無事終われそうです。これも皆様のお陰と思い、来年も筆を執るつもりです。若い時はいっぱい失敗して下さい。失敗は成功の基と言いますが、成功する事はほんの僅かですが肥やしになります。この肥やし、意外と役に立ちます。一つの失敗を引きずる時間はありませんよ。次の失敗に向けて新年を迎えて下さい。肥しを一杯蓄えて、大輪の花を咲かせなくても可愛い小さな花でも良いではないですか。そして今年の最後の言葉です。はったりで上手く行くときもありますが、やはり謙虚が良いです。鼻が長くなった時は、心のどこかで謙虚の言葉を思い出して下さい。謙虚な態度は身方が増えますよ。それでは今年1年、つたない店長日記でしたがご愛読いただき、ありがとうございました。来年が良い歳になりますように祈念致しまして、良いお年を。

2017-12-31 16:14:51

2017年12月21日、今年も後10日になりました。

今年も後10日になりましたが、1年経つのは実に早いものです。来年の10月には豊洲が開場します。以前の店長日記で書きましたが、築地もそうですが豊洲もそうだと思いますが、かつての東京の台所とは違ってきています。街の魚屋さん、料理屋さんがどんどん消えています。大手スーパーの鮮魚は市場を通さずに買い付けます。大手飲食店は、取扱量が莫大ですから、水産商社扱いが多くなります。コンビニに並びます魚料理の納入業者も同じです。現在の築地市場での取扱量は、全盛期と比べますと残念な数字です。海もどこかおかしいそうです。魚がいないそうです。日本は海に囲まれた海洋国ですが、かつては沿岸漁業で親子が食べれた時代から、現在は子供に後を託す自信が無いそうです。文明の利器の魚群探知機が搭載されるようになってからは、特に顕著と聞きました。海水も以前と違うと言います。どこが違うかと聞きますと、答えは無いが違うと言います。長く漁師をされているプロの言葉ですから間違いないでしょう。近未来には、魚は養殖物が主流になるかもしれませんね。それも、陸での養殖が主流になるかもしれません。実は、海の事はまだまだ分からない事だらけだそうです。深海が解明されますと未知との遭遇が多くあるといわれています。未知との遭遇を楽しみに、後10日になりました今年ですが、皆さんも来年に向けて頑張りましょう。

2017-12-21 13:12:56

2017年12月11日、先の震災から6年9ヶ月経ちました。

先の震災から早6年と9ヶ月経ち、今月にはもんじゅの廃炉に関し色々な話が出てきました。今後、原子力発電所の再稼働はあっても、新設は無理の様ですね。日本は、世界に誇れる技術がいっぱいありますが、原子力に関しても大変優秀な技術を持っていたと思います。あえて過去形にしましたのは、ここで一旦整理する時期だと思います。技術の研究は大事ですが、商業ベースには無理があると言う事を当事者は言うべき時だと思います。中東では、原子力発電所にミサイルを撃ち込むという宣戦布告もありました。東アジアでも、声を発しなくても分かる事です。世界のどの宗教でも平和を望んでいます。無宗教者でも、心の奥には平和を望んでいると思います。平和ボケの日本人とよく言われますが、この言葉、小生は大好きです。しかし平和ボケの人間が怒った時は、人一倍怖い事も事実です。福島の原発の廃炉終了も、もんじゅの廃炉終了も、どうも小生が見届ける事はなさそうですが、がっかりしている訳ではありません。今も現場では頑張って、牛歩であっても進んでいます。いつかは終わりが来ます。人間年頃になり結婚しますと、運が良ければ子供、孫と言う子孫が出来ます。その何代先は分かりませんが、その何代先の為にも、それまではみんなで背中を押してあげませんか。

2017-12-11 01:27:11

2017年11月30日、明日になりますと今年も師走になります。

もう1日寝ますと明日からは師走になりますが、1年経つのは歳と共に過ぎるのが速く感じます。歳ばかりではありません。私共物作りの職人としましては、科学の進歩に恐怖も覚えるこの年頃です。3Dプリンターの出現は最たるものです。物作りのインセンティブがどこまで持ちこたえられるか全く分からないのが実情です。精魂込めて作りました作品をコンピューターで計測できれば、縮尺も拡大も可能な訳ですから困りものですが、これも時代の進歩と言えるかもしれません。少し前は重量強度の問題がありましたが、現在はこの部分もクリアーされつつあります。最後に価格がクリヤーされますと、大量生産の利くものに関しましては全く歯が立たなくなるでしょう。かつてのお節料理は食品サンプルで作るのが定例でしたが、現在は、容器に写真をはめ込む時代になりましたが、これも3Dプリンターで安くできる様になれば、間違いなく食品サンプルよりは安くできるでしょう。何故食品サンプルが高いかと言えば、それは手作りだからです。一昔前は、街のあちこちに個人のお店がたくさんあり、どこのお店も店のショーウインドウ―に食品サンプルを飾って頂きました。街から個人のお店が無くなり、チェーン店のファミレスを多く見かける様になりましたこの頃では、食品サンプルを見る事が少なくなりました。レッドデータブックに載る生き物と同じで無くなる仕事もある訳で、それでも生き残るにはどうすべきか、どんな業種でも考えていると思います。それが進歩だと思いますし、東京オリンピックが一区切りと考える業種も多くある事を聞きました。どなたも、東京オリンピックが過ぎますと景気はかなり落ち込むと想定されています。小生もかなり近い考えを持っています。技術立国の日本です。あまり長いスパンでは夢物語で終わってしまいますが、取り敢えず東京オリンピックを盛況に終われます様に頑張ってみませんか。
 

2017-11-30 15:12:44

2017年11月21日、今年も後1ヶ月と10日ですね。

今年も後僅かになりましたね。11月になりますと、長年頑張られて来たお店の閉店を良く聞きます。体力の限界を感じ、12月の忙しくなる前にお辞めになる様です。かつては、何処にもありました商店街がお洒落に変わり、何々ロードと名前が変わると、市井の台所が観光街になり、何時しか寂れるとシャッター通りになり、明かりと言うとコンビニの明かりが目立つ様になってしまいます。小生の持論で、お店の繁盛は、不味いから始まると考えています。本当に不味ければ二度と来ませんが、首を傾げて二度三度と通ううちに虜になります。それが口コミになり一時の繁盛店になりますが、実は、長く維持する事は凄く大変です。人の舌は肥えます。他所の味を言われると、職人であればある程燃え、原点回避を忘れてしまいます。その時、良いアドバイザーがいるお店は永らえますが、頑張り過ぎますと残念な結果に終わります。現在は、インスタグラムに投稿されて火が付くケースをよく聞きます。味+見栄え、それにインパクトも必要の様です。これは凄く大変な事です。拘束時間が長く、飲食は大変との風評がありますが、どの仕事も大変は同じです。全てとは言いませんが、多くの料理人は美味しいの一言が欲しくて頑張っています。大手外食チェーンの料理は、どれも平均点以上で美味しいですし、一つ当たれば、僅かの時間で類似の料理が出ますが、時に個人のお店にも足を運んで下さい。目から鱗が落ちれば、あなたはラッキーだと思って下さい。暫くは、少ない人数でお楽しみ下さい。その後はあなた次第ですが?
 

2017-11-21 11:07:25

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5