工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日から9月長月が始まります。コロナコロナで月日が経ちましたが、今年も残り4ヶ月になり、今年は何をしたかと頭の中を整理してみると、やはり新型コロナウイルスの影響でかなりの制限を受けていました。博物館の休止や、飲食店の新規開店の中止や無期限の延期等、暇を上げれば切がありません。もしかしたら、そろそろ棄権水域と思われる職種も多く聞く様になり、役に立たない政府の政策に苛立ちを持つ者も多くなりましたが、今は只々我慢の時期と思われます。明けない夜は有りませんので、もう少しの辛抱です。
HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2021年9月21日、新型コロナウイルスの感染数が減少していますが、さて如何に?

小生が生意気な餓鬼の頃はケインズを読み、マルクスレーニン主義を読み、そしてドラッカーを読み、思いっきり背伸びをした記憶があります。今思えば何も分からずに安酒を飲みながら口角泡を飛ばして議論し、何時の間にか夜が明ける事もしばしばでした。ところが今は新型コロナウイルスの影響でどうでしょう?対面授業が無くなり、酒を飲む事も制限された現在、生意気な盛りは生意気に過ごさないと,歳を取ってからの若者の気持ちが分からなと小生は思っています。だからと言って、決められたモラルを守らない事には反対ですが、政府の対応を見ていると矛盾を感じる事が多く、朝令暮改の感がしてなりません。体調に異変が起きれば病院に行き、病名が判れば治療法が決まります。何故患者は素直に医師の話を聞いて治療を受けるかと言えば、それは医師がプロであり、最終診断をしたからであり、今回の新型コロナウイルスに関しては、感染症のプロの意見はあくまでもアドバイスとしかとらえていない言動を度々聞きます。近々に自由民主党の新しい総裁が決まり、続いて衆議院選挙が続き、来年には参議院選挙が続きます。選挙権の投票年齢も下がり、基本的に有権者数は増えました。今の日本を取り巻く情勢は決して良くはありません。その中で国民が声を上げるチャンスが国政選挙であり、地方選挙ですから棄権は無しにしませんか。良き運に恵まれた若者は良き大人を見て育ち、その若者が大人になれば又良き若者を育てます。良き運を掴む手立ての一つが選挙権の棄権では無く、行使と言う事、頭の片隅に置いて選挙を待ちませんか。

2021-09-21 14:27:14

折りたたむ

2021年9月11日、先の震災から10年6ヶ月経ちました。

ここ数日の深夜、NHKで南海トラフ地震に関する番組が再放送されていました。明日12日に放送されます番組に位置付けた放送と思われますが、放送から5年経った現在の南海トラフの地震域、発生は明らかに近付いているのでしょう。20年前の今日にはアメリカで衝撃的なテロが発生し、自分の目を疑った自分がいました。10年スパンの出来事に身を引き締めろと言う事には無理がありますが、それでも何時発生するか分からぬ大型地震を頭の片隅に置く事は必要と思われます。近々に新しい自民党総裁が誕生します。衆議院選挙の結果では下野するかもしれませんがしぶとい自民党の事、あらゆる手を使って政権を死守すると想像する小生がいる事と同時に、野党の情けなさを感じる小生も同居しています。嘗て政権を取った時の現在の野党に過大に期待した国民の姿を払拭する姿を見せて下さい。敵失ばかりを突くその姿勢、多くの国民はそのような論争を望んではいません。2年経った今、新型コロナウイルスは手強いです。年内には間違いなく新しい勢力図で国会が開かれ、初めに取り組む事案は新型コロナ対策をお願いします。番宣の中で、この時期に南海トラフ地震が発生すれば、日本は最貧国に落ち込むだろうとある方が言っていました。決してブラフとは思えぬ日本人、多くいると思います。今回の衆議院選挙、大事にしましょう。

2021-09-11 21:52:33

折りたたむ

2021年9月6日、2020東京パラリンピックが昨日閉会しました。

1年延期になりましたが2020東京オリンピックとパラリンピックが終了し、選手もそうですが大会の縁の下をされたスタッフの皆さん、真にご苦労様でした。小生はこのコロナ禍の中,開催に懐疑的な考えをしていましたが、いざ始まると選手の一挙手一投足に目が釘付けになり、無事終了した事にホッとしています。ですから暫くはオリンピックから離れたい気持ちが本音であり、2030年のオリンピックに手を挙げる話は如何でしょうか?我が国はそんなにお金持ちの国なのでしょうか?オリンピックの本質は参加する事に意義があり、開催する事に意義は感じません。次回冬季オリンピックは、今のパンデミックが更に拡大しても、間違いなく国の維新を掛けて開催するでしょう。今回の新型コロナウイルスの発信元である開催国の開会式でのメッセージ、臍の曲がった小生は心を込めて聞きたいと思います。話は変わりますが、後僅かで新しい自民党総裁が誕生します。各候補は新設省庁の名前ばかり出しますが、小生は今回の新型コロナウイルスの蔓延で露呈した今の省庁の弊害を素直に認め、合併した省庁を元に戻す話が出てこない事にスタンドプレイばかりが目立ち、益々国民の心は政治から離れて行ってしまう気がします。感染症の専門家の中には、今回の新型コロナウイルスの終焉には2~3年係る話に警鐘を鳴らし、5年は係る話が全うと聞きます。もしかすると、今後人類はマスク着用が義務化になってしまうかもしれませんね。明らかに人類は新しい暮らしの時代に入り、新しい生活基盤を築けた者が勝ち組になるのでしょう。それを導くのが政治であり、永田町の皆さんはその事を肝に銘じて下さい。引退される政治家の名前を聞く様になり、例え世襲であれ、新しい顔が揃えばまた考えも変わります。権力闘争では無く、是非国民目線の政治をする事をお願いします。

2021-09-06 14:40:21

折りたたむ

2021年9月1日、後僅かでパラリンピックも終わります。

8月には身内の訃報が続き、さすがに1週間に2件の葬式はこの暑さも加わり、疲れました。二人共既に口を聞かぬお骨になりましたが齢90を過ぎていましたので、ある方に言わせますとお祝いと言われましたが、縁を持った人間としては寂しい限りです。話は変わりますが後僅かでパラリンピックも閉会となり、やはりオリンピックの時と比べると見る機会も少なくなり、障害を持つ方の晴れの舞台でありながら何故か興味の薄れている自分がいます。健常者の驕りなのかもしれませんね。世界中、何処からも新型コロナウイルスの終焉の報告は無く、時には封じ込めが成功した話を聞いても、何時しか再感染の報告を聞きます。この儘では何時まで経っても終息には程遠く、更に新たに別の形の新型コロナウイルスの出現も有り得る時代になりました。それなのに、世界では統一見解も出せず、具合の悪い事はあくまでも隠し続け、弱みを見付けると、口角泡を飛ばして攻撃するのが現状です。この状態が続けば人の交流は途絶え、無人機、無人船が物流を賄い、どんどん人の温かみが消えてなくなります。小生の様に物作りの職種では完璧すぎる3Dプリンターでの制作が主流になり、失敗しているのですが何処か味のある作品が出なくなる事が心配です。それが世界の潮流になりつつある事は承知していますが、更にスピードアップが係ると思うと、次代を担う若手に掛ける言葉に詰まります。今年も後4ヶ月になり、話はまだ早いかもし得ませんが、新年をゆったりした気持ちで迎えたいものです。

2021-09-01 23:01:29

折りたたむ

2021年8月21日、東京都ばかりか千葉県も大変です。

東京都の新型コロナウイルスの感染者数に一喜一憂のテレビマスコミですが、千葉県民の小生としては、南関東各県の感染者数に意外と敏感に反応する自分がいます。神奈川県は人口も多いので、感染者数が多くなるのは仕方が無い事ですが、今日は埼玉県の方が感染者数が多かった、今日は千葉県の方が多かったと、新聞で感染者数を比較してしまいます。さらに地域版に載る各市の感染者数にも敏感になっています。この時期に不謹慎と思われがちですが、こんな事でも抑止になれば良いのではないでしょうか?確かに若者だけで無く、我々初老軍もタガが緩んでいる所大です。今のままでは高留まりの感染数が続き、平時には治る病気も治らない事が多くなるのでしょう。世界に目を向けますと、今の各国の情勢は嘗ての大戦前夜に近いのではないかと感じます。後ろ盾がいなくなると途端に国の情勢は混沌とし、最後に政権に就くのは軍部です。大国は気付いたと思います。幾ら手を差し伸べても権力闘争に明け暮れる国には、堂々巡りで政権が変わるだけで、大国にメリットが無い事が判明した現在、この時を出番と待ち侘びた国が近くに存在しています。名前を出さなくても容易く分かる事です。今回の新型コロナウイルスが落ち着き、世界が動き出した時、何かが始まる気がします。それが何かは分かりませんが、良い事である事を願う小生です。

2021-08-21 20:06:47

折りたたむ

2021年8月13日、先の震災から10年5ヶ月と2日経ちました。

先日、今回のコロナ禍の中で母親の体調が悪くなり、以前でしたら診て頂けた病院が有事の現在、90歳を過ぎた母親の入る病床が無い事が現実です。それ位、新型コロナ感染で現在の医療体制を維持する事が困難になりつつあるそうです。コロナ疲れで我慢の限界と誰もが思う事は至極最もな事で、多くの若者が政府の方針に疑心暗鬼になっている事も現実ですが、どなたにも親や祖父母がおられると思います。小生の様に諦めの気持ちを持つ皆さんになる事、お勧めしません。お世話になっている老人ホームにお願いして、ホンの数分でしたが顔を見る事が叶いました事、誠に感謝です。その際、防御用にガウン、フェースマスク、帽子、手袋をしての面会でしたが、空調の整った部屋でありながら直ぐに汗が吹き出しました。同じ姿をテレビで拝見していますが、改めて医療従事者の皆さんの大変さを痛感しました。なかなか現実を見ませんと人間は行動に移れませんが、酒を飲んで騒ぐ若者の姿を度々テレビで見ますと、今の儘では終息には程遠いと感じてしまいます。今は自分を大事にして自分で守りませんと、治る病気も治らなくなり、それは新型コロナだけではなく、多くの病気が死を招きます。それには新型コロナ感染を抑え込みませんと、そちらに手が回りません事を現実として捉え、感染しないのにはどうすれば良いかをもう1度考えてみませんか。

2021-08-13 19:51:51

折りたたむ

2021年7月31日、今日も暑い日が続きます。

丁度20年前の今頃、その日も今日の様に暑くて蒸し暑い日でした。その日は産廃業者さんに産廃を引き取りに来てもらう日でしたが、前日から産廃の仕分けの無理が祟り、その日は頭痛がひどく、立っていられずに横になるしか手立てがありませんでした。初めての経験でしたが、おそらくこの症状が熱中症だと思います。20年前と言えば小生もまだまだ元気そのものの時代でしたが、本当に怖い思いをしました。小生は室内での作業でしたので、外だけが熱中症になるとは限らない事、ご用心下さい。今回のオリンピックの中で、西側諸国はまさに多様性国家と言わんばかりに人種が豊富です。一方の東側諸国の選手は、略単一民族で構成されていると拝見致しました。この事で誹謗中傷がある事も知っていますが、どんどん国と国との距離が短くなって来ている現在、交流が盛んになれば恋に落ちるカップルも有る訳で、二重国籍であればどちらかの国籍を選択する自由の中で、自国を選んでくれた事に感謝すべきではないでしょうか。何年後になるか分かりませんが、東西の垣根の無いオリンピック、そして参加する事に意義がある、小生はその言葉が好きです。

2021-07-31 14:26:26

折りたたむ

2021年7月23日、今日東京オリンピックの開催式があります。

今回のオリンピックにはあまり興味を引かないと言いながら、いざ競技が始まると気になり、昨日はサッカーの試合を見ていました。対戦国に敬意を表しながら、やはり日本を応援する小生は、自国開催だからと感じています。それにしても今の日本での新型コロナウイルスの感染者数の増加を海外メディアはどう捉えているのか?特に東京都の感染者数の多さに伴い、渋谷での若者の姿が海外配信されていると思うと、これが日本国民総意の永田町の政策に対する声なき抵抗に取られるのは遺憾です。今回のパンデミック対策は、何が正解で何が間違いだったのかの選別も難しく、珍しく文系である永田町と霞ヶ関に対し理系の専門家の対立が見られた事が、今後の日本のあり方を示しているように感じ、専門家の意見が通ったとは思いませんが,どこか日本の政治も様変わりの兆しが見えたのかと感じました。今回の東京でのオリンピックは開催間近になって誠にドタバタ劇が続きましたが、これも自由のある国である証拠と捉えませんか。これが独裁国家であれば何事も無かったの様に開催日を迎え、昨日の賛美の嵐で翌日を迎えるのでしょう。今は只、無時オリンピックとパラオリンピックが終わる事を願う期間にしませんか?

2021-07-23 11:56:36

折りたたむ

2021年7月11日、先の震災から10年と4ヶ月経ちました。

只今、NHKの朝ドラのおかえりモネの中で先の震災が出て来ます。先週のドラマの中で5年の歳月を問うた台詞があり、5年経っても心の痛みを引きずる台詞にドキンとする小生がいました。現在は10年が過ぎ、復興と言う形で街の姿が変って行きますが、被災された人々の心の整理が着いているのか改めて考えてみますと、東北の人は強いですね。小生であれば、物が無くなっただけであれば、どうにか日々を暮して行けそうですが、身近で元気な人が急にいなくなった時は、今でも引きずって生きていると思います。台詞の中で、俺は海を恨んでいないと言う言葉、更に胸に刺さる言葉でした。現在は、ああ言えばこう言う風潮が多く、何かにつけて文句を言うご時世になりましたが、自分を見直す機会を与えてくれた事に感謝です。

2021-07-11 23:26:13

折りたたむ

2021年7月1日、2回目のワクチン接種を受けました。

6月29日に2回目のワクチン接種を受け、当日は大きな変化も無く床に就きましたが、明け方から体調が悪くなり、体温を測りますと37度台後半でした。普段は低体温で35度台が多い割に意外と熱には強い小生ですが、今回は体の節々が痛み、久々に1日中ゴロゴロしていました。只今7月1日の午前1時台ですが、これから仕事の遅れを取り戻す為に地下に潜ります。副反応を想定して日時の調整も考えましたが、それは個人の我儘と思い、あくまでも自己責任と捉え、今後子供のワクチン接種に関しましては、本人の意思に任せるつもりです。小生は7月の第3週からは抗体が活躍を始め、感染しても重症化の率が低くなるそうで、医療機関に迷惑を掛ける率も低くなると聞いています。接種を受けた理由は、この件が大半を占めています。ここ数日の関東4都県の感染者数を見ますと増加傾向にあります。感染者の年代別構成では若者が多いようですが、何時の時代も時の権力には大なり小なりに反抗したい気持ちがありました。それが人の親になると、次の世代の事も考える様になります。小生の過ごしてきた時代は平時に近く、今のように有事ではありませんでした。大学に行く事も儘ならず、アルバイトも制限され、踏んだり蹴ったりの学生諸君、遣り所の無い持ち、少なからず分かります。それでも日本は法治国家です。それも意外と自由の多い国と思います。遣り場の無い気持ちをもう少し我慢をして、終息後の自由を待ちませんか?それは若者だけとは限りません、時には目に余る壮年、老人も拝見します。早く無くなれ新型コロナウイルスよ!

2021-07-01 01:29:56

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5