工房紹介

店長紹介

店長日記はこちらから

■今日からいよいよ12月師走ですね。今年のカレンダーも寒そうです。皆様今年1年どうでしたか?良い年と感じたか悪い年と感じたかは、その人の基準によって違うと思います。高い目標を立てた人は満足出来なくても、他所の人から見たら贅沢に映るかもしれません。低い目標値で早々に達成できた方は、もしかしたら中だるみになってしまったかもしれませんね。今年はまだ終わっていません。まだまだ頑張れます。年の瀬には良い年だったと言える様にラストスパートです。
HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2017年12月11日、先の震災から6年9ヶ月経ちました。

先の震災から早6年と9ヶ月経ち、今月にはもんじゅの廃炉に関し色々な話が出てきました。今後、原子力発電所の再稼働はあっても、新設は無理の様ですね。日本は、世界に誇れる技術がいっぱいありますが、原子力に関しても大変優秀な技術を持っていたと思います。あえて過去形にしましたのは、ここで一旦整理する時期だと思います。技術の研究は大事ですが、商業ベースには無理があると言う事を当事者は言うべき時だと思います。中東では、原子力発電所にミサイルを撃ち込むという宣戦布告もありました。東アジアでも、声を発しなくても分かる事です。世界のどの宗教でも平和を望んでいます。無宗教者でも、心の奥には平和を望んでいると思います。平和ボケの日本人とよく言われますが、この言葉、小生は大好きです。しかし平和ボケの人間が怒った時は、人一倍怖い事も事実です。福島の原発の廃炉終了も、もんじゅの廃炉終了も、どうも小生が見届ける事はなさそうですが、がっかりしている訳ではありません。今も現場では頑張って、牛歩であっても進んでいます。いつかは終わりが来ます。人間年頃になり結婚しますと、運が良ければ子供、孫と言う子孫が出来ます。その何代先は分かりませんが、その何代先の為にも、それまではみんなで背中を押してあげませんか。

2017-12-11 01:27:11

2017年11月30日、明日になりますと今年も師走になります。

もう1日寝ますと明日からは師走になりますが、1年経つのは歳と共に過ぎるのが速く感じます。歳ばかりではありません。私共物作りの職人としましては、科学の進歩に恐怖も覚えるこの年頃です。3Dプリンターの出現は最たるものです。物作りのインセンティブがどこまで持ちこたえられるか全く分からないのが実情です。精魂込めて作りました作品をコンピューターで計測できれば、縮尺も拡大も可能な訳ですから困りものですが、これも時代の進歩と言えるかもしれません。少し前は重量強度の問題がありましたが、現在はこの部分もクリアーされつつあります。最後に価格がクリヤーされますと、大量生産の利くものに関しましては全く歯が立たなくなるでしょう。かつてのお節料理は食品サンプルで作るのが定例でしたが、現在は、容器に写真をはめ込む時代になりましたが、これも3Dプリンターで安くできる様になれば、間違いなく食品サンプルよりは安くできるでしょう。何故食品サンプルが高いかと言えば、それは手作りだからです。一昔前は、街のあちこちに個人のお店がたくさんあり、どこのお店も店のショーウインドウ―に食品サンプルを飾って頂きました。街から個人のお店が無くなり、チェーン店のファミレスを多く見かける様になりましたこの頃では、食品サンプルを見る事が少なくなりました。レッドデータブックに載る生き物と同じで無くなる仕事もある訳で、それでも生き残るにはどうすべきか、どんな業種でも考えていると思います。それが進歩だと思いますし、東京オリンピックが一区切りと考える業種も多くある事を聞きました。どなたも、東京オリンピックが過ぎますと景気はかなり落ち込むと想定されています。小生もかなり近い考えを持っています。技術立国の日本です。あまり長いスパンでは夢物語で終わってしまいますが、取り敢えず東京オリンピックを盛況に終われます様に頑張ってみませんか。
 

2017-11-30 15:12:44

2017年11月21日、今年も後1ヶ月と10日ですね。

今年も後僅かになりましたね。11月になりますと、長年頑張られて来たお店の閉店を良く聞きます。体力の限界を感じ、12月の忙しくなる前にお辞めになる様です。かつては、何処にもありました商店街がお洒落に変わり、何々ロードと名前が変わると、市井の台所が観光街になり、何時しか寂れるとシャッター通りになり、明かりと言うとコンビニの明かりが目立つ様になってしまいます。小生の持論で、お店の繁盛は、不味いから始まると考えています。本当に不味ければ二度と来ませんが、首を傾げて二度三度と通ううちに虜になります。それが口コミになり一時の繁盛店になりますが、実は、長く維持する事は凄く大変です。人の舌は肥えます。他所の味を言われると、職人であればある程燃え、原点回避を忘れてしまいます。その時、良いアドバイザーがいるお店は永らえますが、頑張り過ぎますと残念な結果に終わります。現在は、インスタグラムに投稿されて火が付くケースをよく聞きます。味+見栄え、それにインパクトも必要の様です。これは凄く大変な事です。拘束時間が長く、飲食は大変との風評がありますが、どの仕事も大変は同じです。全てとは言いませんが、多くの料理人は美味しいの一言が欲しくて頑張っています。大手外食チェーンの料理は、どれも平均点以上で美味しいですし、一つ当たれば、僅かの時間で類似の料理が出ますが、時に個人のお店にも足を運んで下さい。目から鱗が落ちれば、あなたはラッキーだと思って下さい。暫くは、少ない人数でお楽しみ下さい。その後はあなた次第ですが?
 

2017-11-21 11:07:25

2017年11月11日、先の震災から6年8ヶ月経ちました。

早いもので、先の震災から6年8ヶ月経ちました。いよいよ復旧から復興のシフトの様です。復旧のままでは予算の無駄使いと言われるでしょうし、先走りと言う声も有ります。どちらが正しいのかは分かりません。小生が思うには、一律に考えすぎだと感じます。国、県、市、街、村が同じ考えにはなりません。暑さも辛いのですが、寒さの辛さは堪えます。九州の仮設住宅もそうですが、仮設住宅は夏暑く冬寒いと聞きます。仮説ですから致仕方無い事かも知れませんが、心痛みます。来年の3月11日になりますと、思い出したように注目を浴びますが、これからは、クリスマスと正月で先の震災は消えます。今年は雨が多く、大地の恵みも大変と聞きます。人間は、自然災害と向き合って生きていかなければなりません。そこに原発の災害も加わりました。霞が関が出しています広報と、電力会社が出しています広報を一度見て頂くと、今の日本が分かると思います。面白い事に、具合の悪い所は後ろの方に書かれていると小生は思いました。100%正しい国も会社も有りません。初めに自慢から始まり、最後に具合の悪い所を書く所など、人間性が現れていてくすっと笑える時もあります。もっと内向きに金を使えと言いますとお役人には怒られます。日本は大国になったのだからと言われますが、実感が有りません。他所の国を見ろと言われますが、小生は他所の国を見る必要があるのかと言いたい所です。学生の皆さん、就職活動で忙しい事と思いますが、会社訪問の前にHPはしっかり見て行って下さい。入りたい会社かどうかの判断になると思いますので、先達からのちょっとした一言でした。

2017-11-11 08:57:21

2017年10月31日、明日から永田町が忙しくなりますね。

先の衆議院選選挙、投票当日は雨で大変でしたね。小生も昼前に投票に行きましたが、投票会場の小学校までの道すがら、傘を飛ばされないように歩きました。この雨で投票率も下がるのかと思いましたが、有権者の皆様が多くおられました。余計な事かもしれませんが、どこかホットした所がありました。一つ懸念があるとすると、小生の様な年寄りを多く見かけ、若者の姿が少ない事です。投票率の上がり下がりで政党の特徴が出ますが、今回の結果に〇をつけるか×を付けるかは、、明日からの国会をよく見ましょう。近頃の選挙は、ファッションショーの様に流行がある様ですが、若き有権者は困りますよね。選挙公約には、どちらとも取れる表現ばかりです。かもしれない、だと思いますが。上手い表現ですね。今の日本は、大変自由な国と思います。多少の暴言も許してしまう優しい国民と思います。今回の国会でも、訳の分からない答弁をされる大臣が出てくる事でしょう。週刊誌も、ここぞとばかりに面白可笑しく書きます。マスコミも、楽しそうに報道します。当事者の答弁を聞きますと、必ず出る言葉が、本意と違う、真意はこうだです。バッジを付けられると、どうも偉くなった気持ちになってしまう様です。衆議院を会社に例えますと、社員の議員の勤続期間は僅かです。それも、社長である、与党の首相の一言で社長以下全員が退職となります。その度に選挙民に履歴書を見せて、入社試験を受けなければなりません。あの人は大丈夫と言われた人が不合格になり、思わぬ人が合格にもなります。悲喜交々、マスコミの格好の餌食です。若者の有権者の皆さん、私共の様な年寄りが作った日本に失望しないで下さい。次の選挙も近いです。今回投票に行けなかった若者よ、ほんの僅かな時間で済みます。次は行きましょう。お願いします。

2017-10-31 14:16:29

2017年10月21日、明日は投票日です。

いよいよ投票日が明日に迫りました。初めて選挙権を持った皆さん、日本列島台風の影響で雨模様の様ですが、頑張って投票に行きましょう。小生が初めて投票権を持った頃はもっと単純でした。政党も少なく中選挙区制で、その区でも多くの当選者が出ましたので、今とは様子が違いました。比例代表制もありませんでした。これだけ多くの政党がありますと、有権者の皆さんも迷います。1字違っただけで無効票になりますし、気を遣いますね。今日の新聞、明日の新聞には立候補者の主義主張が新聞に載ります。それを良く読んで下さい。それでも分からない時は、量りを書く事を進めます。中心を境にイデオロギーを左右に分けますと分かり易いです。それでも今の政党は分かりずらいですね。右の意見も左の意見も両方持つ政党もありますし、どの党も選挙の時になりますと良い事ばかり言いますからね。でも、迷っても行く事です。何より1票を投じませんと何も起こりません。明日の夜は長い夜になりそうですが、皆さんが投じた方が当選された時は、それは嬉しいもんですよ。一緒にその喜び、いや悲しみかも知れませんが、一喜一憂した時間を共有できた幸せに、乾杯です。

2017-10-21 02:16:27

2017年10月11日、先の震災から6年7ヶ月経ちました。

今月22日には、衆議院選挙ですね。どこの党から立候補すれば有利とか、公認をもらえたとかもらえなかったとか、日々票読みの連続でさぞや大変な事でしょう。世の中選挙モード一色ですが、福島第一原発では、廃炉に向けての作業が、黙々と続いています。裁判でも、住民勝訴の結果が出ましたが、上に行った時にどのような答えになるのか、興味のある所です。おそらく長い戦いになると、小生は感じました。今回の選挙では、原発再稼働で、各党で論戦を繰り返しています。党是としてぶれずにいる党もあれば、真逆になった党もあります。小生の考えは、原子力発電の問題点が全てクリヤーできれば、諸手を挙げて再稼働賛成の気持ちですが、1つでも問題点が残れば、反対の気持ちです。唯一の被爆国であり、これだけ技術立国の日本ですが、今もって御する事の出来ない原子力発電だと思っているからです。核燃料の廃棄方法が、ただ埋めるだけでなく、画期的な方法が見つかれば、かなりの進歩になると思います。テレビで見ますと、どの発電施設も遠目で映しますので小さく見えますが、実に大きな施設です。驚くばかりの大きさです。今の日本と違い、将来の日本はかなりの人口減になると聞きました。技術の進歩で省エネ製品が増え、自ずと電力消費量は少なくなるそうです。生産工場も、自家発電技術で、賄う率が高くなると聞きました。未来には、各家庭で賄える様になるのでしょうね。エネルギー政策を考えて、投票先の選択を考える事も、1つの選択肢として考えて下さい。これが全てではありません事も付け加えておきます。

2017-10-11 10:04:07

2017年9月30日、いよいよ選挙ですね。

衆議院解散、いよいよ選挙ですね。日本列島、この時とばかりに、騒がしくなります。お金も動きますが、飲食業は、選挙法で、贈収賄が絡む関係で、特に飲み屋さんは、意外と暇になります。ですから、掻き入れ時の選挙は、飲食業にとっては痛手です。今回は、年末ではありませんので、まだ良いかもしれませんが、売り上げ減少の要因になることは確かです。反対に、小選挙区制になり、選挙費用は、かなりの金額になっています。任期4年に近づけば、いつ解散があってもおかしくないわけですが、今回は、記録に残る政党が、消えるようですね。長い年月と共に、記憶からも消えるのでしょうね。栄枯盛衰、消える政党があれば、新しい政党もできました。新しい政党、賞味期限はいつまでなのか、他人事ながら、大変な事と思います。なぜ他人事と書いたかと言いますと、当日の天気も影響しますが、何より浮動票と言われる票が大きく作用します。小生も、浮動票の一票です。余程の事が無い限り、投票には行きます。浮動票の字のごとく、時には、俯瞰で見てはいかがでしょうか。上から見ると、意外と冷静に見えるものです。投票は、流行のファッションを追うのとは違います。マスコミには、真実の1割も出ないでしょうが、大事な1票です。投票年齢も下がりました。未成年にも投票権が生まれました。未成年に笑われないように、成年の皆さん、頑張って投票に行きましょう。結果は時の運です。投票した立候補者が当選するとは限りませんが、一喜一憂する時を共有しませんか。その権利は、投票に行く事から始まりますので。

2017-09-30 12:21:47

2107年9月21日、いよいよ解散のようですね

いよいよ衆議院の解散の様ですね。どのような方が立ち、どのような方がバッチを付けるのか、10月には判明します。悲喜こもごもで、暫くは政治記者の皆様はお忙しい事でしょう。かつての大物政治家、艶福家の方が多かったと聞きます。マスコミ、週刊誌、噂を聞きつけても、天秤にかけ、政治に必要とあれば見て見ぬ振りをしたと聞きます。かつての国会は戦場であったと聞きます。束の間の休息を別宅で過ごす先生方も、少なからずおられたと聞きました。現在は、大臣になるのに、身体チェックを受けて選ばれると聞きます。それでも、マスコミ週刊誌の餌食になる先生方、多いですね。これでは息抜き、なかなかできないですね。解散になれば、衆議院所属の大臣も、選挙の洗礼を受けます。一部のマスコミでは、有事の時はどうするのかと言われます。一案として、解散の無い参議院議員に、その時期は鞍替えの意見もありますが、選挙は水物、絶対はありません。大臣ともなれば、選挙応援で、霞が関を離れる事も多くなり、時には、選挙区に帰りたい気持ち、良く分かります。当選回数10回を超す先生方には、優秀な秘書がいると聞きます。特に私設秘書に優秀な人材を揃えた先生は、殆ど地元に帰る事も少なく、当選回数を重ね、自ずと大臣に近くなります。2世議員が有利な事、これでお分かりと思います。そろそろ各家庭に、後援会と称して、電話が多く鳴る頃です。是非一票をと言われ、頑張って下さいが返答になります。持ち分投票権利は1票ですから、10人から電話があれば、9人には、投票できませんが、後援会では1票にカウントします。各自治会、この時期になると急に頑張る方、小生は苦手です。投票棄権は、納税者として駄目ですが、白紙はお勧めしませんが、アリだと思います。今後、白票が多くなった場合、自治省は一考が必要と思います。選挙は戦いですから、時の運も大いにあります。人物本位で選ぼうと思いますが、小選挙区制、政党政治の今、毎回悩む爺がいます。

 

2017-09-21 08:24:09

2017年9月11日、先の震災から6年6ヶ月たちました。

先の震災から6年6ヶ月たちました。その間、九州でも大きな地震がありました。つい先ごろには、北海道、秋田で地震があり、メキシコでも、かなり大きな地震がありました。年中、地球は揺れています。被害も受けますが、人間の凄さでしょうか、いつの間にか、何もなかったかのように、日々の暮らしが始まります。福島の帰還可能になりました地域では、野菜の栽培出荷も始まりました。道の駅での販売が主だそうです。中には、今もって住まいは、仮設住宅の方もおられると聞きました。汚染残土の白い袋の山を見ると、住宅再建をためらう気持ち、良くわかります。ホットスポット、千葉県北西部でも、時折見られます。世の中、核兵器の開発で大騒ぎです。未だかつて、原子爆弾の被害に遭ったのは、広島、長崎である事、おざなりの様ですね。現在の原子爆弾の威力は、当時と比べようがないほどの威力と聞きます。一発の投下で、山手線内が消えると聞きました。戦争を知らない私共でも、福島原発で、怖さを知りました。8月の原子爆弾投下日には、世界に発信しますが、その他の11ヶ月は、出ません。国連は、政治です。各国の事情が優先されます。経済は、すでにボーダーレスです。北朝鮮のロケット、核爆弾、現在のスマートフォンの様に、各国の技術の集合体です。日本の技術、大いに貢献していると思います。矛盾だらけですね。世界で唯一の被爆国が、遠回りしながらも、核開発に貢献していると思うと、複雑な気持ちです。大国が、目の前のたんこぶを潰そうとしますが、後から分かる事ですが、まことに幼稚な理由が多いです。各国政府のマル秘書類は、数十年後には開示されます。驚く真実が分かると、只々地球人類は運が良いと思います。いつまでも幸運が続くことを願いますが、心配な日々を過ごす日本人の一人として、政府の中枢の皆様、宜しくお願いします。

2017-09-11 19:17:01

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5